製薬/医療

コールドチェーンストレージと流通

パッケージとの接触を最小限に抑えながら傷みやすいワクチンや医薬品を迅速に仕分ける

Barcode reader reading Data Matrix code on vaccine kit boxes

関連製品

370 barcode reader held by hand

固定式バーコードリーダ

レーザースキャナの使いやすさと価格を実現した画像ベースバーコードリーダ

Man holding Cognex DataMan 370

DataMan 370 シリーズ

固定式バーコードリーダは、幅広いアプリケーションに優れた読み取り性能を提供します。

医薬品流通センターでは、大量のワクチンを処理するため処理の高速化が進んでいます。コールドチェーン管理では、傷みやすいワクチンの大量処理がさらに困難になっています。低温と湿度によりラベルのしわや損傷が増加し、バーコードを読み難くしています。課題が増える一方、バーコードは、確実に読み取られ、エンドツーエンドのトレーサビリティを確保する必要があります。

多くのコールドチェーンセンターでは、現在、従来のハンドヘルド型のレーザーバーコードスキャナを使用しています。冷蔵コールドチェーン保管環境のレーザースキャナーは、多くの場合、複数回の読み取る必要があるため、反射材料の下では損傷したコードやコードを確実に読み取りません。オペレータは、寒さから身を守り、汚染を防ぐために手袋を使用する必要があるため、ハンドヘルド型スキャナの操作がし難くなります。このような要因が組み合わさり、低温環境での作業と操作を難しくし、スループットを低下させます。

固定式バーコードリーダに切り替えると、リーダが固定されるため、オペレータはパッケージをバーコードリーダにかざしてから出荷コンテナに入れるだけになり、より簡単かつ迅速に作業を行うことができます。その結果、スループットが向上し、タッチ ポイントが少なくなり、読み取りミスによるリワークが減少します。

コグネックスの DataMan 370 シリーズ画像処理式バーコードリーダは、凍結温度でも確実に動作します。ハイダイナミックレンジ (HDR) 画像処理、オートフォーカス、高性能のデコードアルゴリズムを備え、99.9%の読み取り率を達成し、欠陥のあるコードや品質の悪いコードにフラグを立てて対策できるようにします。DataMan 370 リーダは、傷みやすい製品を高速処理し、コールドチェーン管理における完全なトレーサビリティを確保します。

注目のコグネックス製品

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...