製薬/薬品

シリンジプランジャストッパー検査

ストッパーの適切な配置と欠陥なしを確認

Defects detected on a syringe plunger stopper

関連製品

In-Sight D900

In-Sight D900

ディープラーニング採用 In-Sight ViDi 画像処理ソフトウェア搭載

ViDi software with all defect detection tools

VisionPro Deep Learning

A breakthrough in complex inspection, part location, classification, and OCR

プランジャ(ピストン)は、充填済みシリンジの構成部品であり、押下することでワクチン液が針を通って患者に投与されます。プランジャの端にあるストッパーは、漏れや汚染がない状態で、本体内をスムーズに移動できなければなりません。

メーカーは、シリンジを組み立てる前にプランジストッパーが存在すること、形状が正しいこと、プランジャロッドに適切に接続されていること、汚染を引き起こす可能性のある微粒子がないことを確認する必要があります。

プランジャストッパーは、挿入時に剥がすリブが付いています。その間に液体が入っていると、しわなどの欠陥に加えて、ワクチン液が漏れている可能性があります。一般的にプランジャストッパーは黒色ため、欠陥の検出が難しい場合があります。コントラストを上げて補正しようとすると、グレア、露出過多、その他の照明の課題が発生する可能性があります。その他にも、シリンジコンポーネントの色の違い、ワクチン液の容器がガラスまたはポリマー製であること、さらには予測不可能な欠陥の位置および大きさなど、さらに複雑になっています。

ストッパーの周囲には幅広い範囲で小さな欠陥が生じる可能性があり、シリンジの本体や色付き部品など、視覚的な混乱が加わることで、シリンジプランジャストッパー検査でディープラーニングによる欠陥検出が有力な検査ツールであることは明らかです。欠陥検出ツールは、様々な欠陥を検出するために、リブの破れ、リブ間に漏れた液体、ストッパーをシリンジに差し込んだ際のしわなど、幅広い範囲でストッパーの画像が登録されています。

ハイダイナミックレンジプラス (HDR+) 技術を採用しているコグネックスのディープラーニングは、広い視野で均一の照明を提供することで、複雑で高価な照明を必要とせずに、プランジャストッパーの低コントラスト欠陥をより明確にします。HDR+ が標準 HDR と異なるのは、高速移動する部品から1回のスキャンで情報を取得できる点です。標準 HDR が同じ結果を得るには、対象物を静止させ、複数の画像を取得する必要があります。

注目のコグネックス製品

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...