製薬/薬品

注射針シールド検査

針の保護シールドの問題を特定

Defects detected on a syringe needle shield

Related Products

Deep Learning

ディープラーニング

人工知能を搭載したIn-SightビジョンシステムとVisionProソフトウェアと組み合わせて、複雑なアプリケーションの検査を自動化します。

In-Sight Micro 8000 シリーズ

スペースに限界のあるアプリケーションに最適な超コンパクトなビジョンシステム

注射針がシリンジの先端に取り付けられた後は、偶発的に針が刺さることがないように、針シールドまたは針用安全ガードで覆われます。このシールドは、射出成形が一般的ンで、柔らかい場合もあれば、硬い場合もあります。

針シールドは正確な位置に配置する必要があるため、シールドとシリンジコーンの間の角度は、アセンブリ不良にならない程度のわずかな量しか変化できません。シールドが正しく取り付けられていないと、針が曲がる可能性があります。同様に、シールドを押し込み過ぎると、針がシールドから出てしまいます。このような一般的な欠陥のほかにも、製造および処理過程で針やシールドの表面の汚染などが生じることがあります。針の安全ガード検査は、安全において非常に重要です。

In-Sight 8505P などのマシンビジョンシステムは、針の安全ガードの位置、直線性、その他の機能を検査および測定するために使用されます。ただし、針のはみ出しや暗い材料の汚染は、欠陥の微妙な兆候が幅広いため、より高度なディープラーニング技術を必要とするかもしれません。

コグネックスのディープラーニングの欠陥検出ツールは、少量のサンプル画像を登録するだけで、針シールドの正常な外観を学習します。その後、シールドの表面にある些細な外観の違い受け入れながら、先端の突き出しを示す針シールドの小さなばらつきを発見できます。

注目のコグネックス製品

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...