製薬/薬品

注射針検査

複雑な斜角枠の針先端の欠陥を検出

Defects detected on a beveled needle tip

Related Products

Deep Learning

ディープラーニング

人工知能を搭載したIn-SightビジョンシステムとVisionProソフトウェアと組み合わせて、複雑なアプリケーションの検査を自動化します。

hand holding Cognex In-Sight 9000

In-Sight 9000

詳細な検査に適した超高解像度、オールインワンタイプのビジョンシステム。

皮下注射針またはカニューレは、ダイから押し出される薄く硬い金属を筒状に巻いて作られています。皮膚を貫通するには、通常、様々な角度で複数回面取りして、意図した目的に適した先端を作成する必要があります。傾斜を研磨する処理は、均一でない、あるいはバリ、フック、および機能を損なう他の不規則性を残したり、実際に患者に危険である可能性があります。

針の適切なゲージを作成するには、複数のダイを使用するため、内径または外径にばらつきが生じる可能性があります。患者の安全を守り、ワクチンの適切な投与を確実にするためには、皮下注射針の欠陥を検査することが重要です。

コグネックスのディープラーニングは、斜めの先端の微妙な欠陥を検出します。欠陥検出ツールは、許容可能な傾斜範囲を表す高倍率画像の小さなサンプルセットが登録されています。照明を変えることで、針表面の構造が明確になり、反射が高いと表面が滑らかであることが分かり、逆は見えない傷があることを示します。この同じ手順は針の寸法検査にも使用できます。針の先端の内径と外径が分かります。

さらに、ハイダイナミックレンジプラス (HDR+) 技術は、ローカライズされたコントラストの変化に合わせて自動調整し、反射の変化によって生じる問題を最小限に抑え、先端の照明をより安定させることができます。HDR+ が標準 HDR と異なるのは、高速移動する部品から1回のスキャンで情報を取得できる点です。標準 HDR が同じ結果を得るには、対象物を静止させ、複数の画像を取得する必要があります。コリメートバックライトとテレセントリックレンズを使用して、倍率を一定に保つことで、正確な測定が容易になります。

新しい針先モデルの開発や製造ラインの変更に合わせて、コグネックスのディープラーニングは、さまざまなモデルで簡単かつ迅速に登録を行い、ダウンタイムを最小限に抑え、スループットを最適化します。

注目のコグネックス製品

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...