製薬/薬品

シリンジフランジ検査

指フランジの安全性と検出なしの確保

Defect detected on a syringe flange

関連製品

In-Sight D900

In-Sight D900

ディープラーニング採用 In-Sight ViDi 画像処理ソフトウェア搭載

ViDi software with all defect detection tools

VisionPro Deep Learning

A breakthrough in complex inspection, part location, classification, and OCR

注射器のバレルがチューブから切り離された後、ショルダー、フランジ、またはフィンガーグリップは、端を加熱し、バレルを回転させ、形成ツールを使用して柔らかいガラスが形成されます。フランジは、完全に丸くするか、メーカーやモデルに応じて小さなばらつきで、複数の形状に切断することができます。

フランジは注射するときに指を置く場所であるため、切断、形成、焼鈍処理で、亀裂、欠け、剥離などが生じるとユーザーにとって危険となる可能性があります。通常、傷は小さな欠陥として分類されますが、フランジのわずかな亀裂でも構造的な問題の兆候である可能性があるため、検出することが重要です。これらの欠陥は微妙で形状、サイズ、位置が異なるため、従来のマシンビジョンではシリンジ検査を自動化することは困難である可能性があります。

コグネックスのディープラーニングは、変動性、透明度、幾何学的複雑さにもかかわらず様々な角度と幅広い範囲でフランジを登録することができるため、シリンジフランジ検査に最適です。検査官でも見逃してしまう可能性のある非常に微妙な欠陥があっても、フランジの許容可能な欠陥と許容外の欠陥を区別します。

コグネックスのディープラーニングを採用した欠陥検出ツールは、従来のマシンビジョンでは大幅なプログラム変更が必要となるサプライヤーによる変更に起因するわずかな形状変化にも容易に適応し、良品フラン時の誤検出を最小限に抑えます。

注目のコグネックス製品

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...