製薬/薬品

粒子物検査

バイアル、アンプル、充填済みシリンジの粒子と不純物を検出して分類する

Particulate matter detected in a vial

関連製品

In-Sight D900

In-Sight D900

ディープラーニング採用 In-Sight ViDi 画像処理ソフトウェア搭載

VisionPro ViDi Product Tile

VisionPro Deep Learning

ディープラーニング採用の工業用画像解析向けグラフィカルプログラミング環境

製造処理における汚染物質から、ガラスを含む一次パッケージの断片まで、バイアルまたはアンプルの内部に入り込む可能性のある汚染粒子には様々な種類があります。ガラスの微粒子は、製造プロセス、特にアンプルの吹き込み処理や、生産ラインでの取り扱いから生じる可能性があります。微粒子の存在は、液体医薬品のリコールの原因となる10大理由の一つです。

コンテナを通り抜けるのみでなく、対象の最小粒子のコントラストを十分に確保するためには、特別な照明が必要です。残念なことに、この照明は反射やハレーションを混乱させる可能性もあります。

粒子は、暗い色から明るい色まで様々で、流体内での動きが異なり、サイズや形状が異なり、気泡と混同する可能性があり、容器の材料が異なり、形状によって光透過特性が異なるため、液体内で識別することは困難です。

これらの要因のすべてが、従来のマシンビジョンでの課題の解決を困難にしています。

ハイダイナミックレンジ (HDR+) 技術とコグネックスのディープラーニングの組み合わせは、粒子物の検査に最適です。コグネックスのディープラーニングは、バイアルやアンプルに現れるあらゆる種類の粒子、様々な形状とサイズ、気泡があるかどうか、バイアルとアンプルガラスの反射と屈折の範囲を考慮した外観を登録します。

コグネックスのハイダイナミックレンジプラス (HDR+) 技術は、ラインの処理速度を損なうことなく、1回のキャプチャで、照明が均一な画像を生成し、ハレーションと反射率を最小限に抑えます。HDR+ が標準 HDR と異なるのは、高速移動する部品から1回のスキャンで情報を取得できる点です。標準 HDR が同じ結果を得るには、対象物を静止させ、複数の画像を取得する必要があります。

液体に浮かぶ粒子を表面特徴から区別するため、バイアルまたはアンプルシリンダが回転して停止します。ゆっくりで安定した粒子として撮影された一連の画像をディープラーニングで使用することにより、流体と容器内のスポットを明確に区別することができます。

注目のコグネックス製品

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...