製薬/薬品

バイアルとアンプルの本体検査

透明および反射バイアルの欠陥検出

Defects detected on a vial

関連製品

In-Sight D900

In-Sight D900

ディープラーニング採用 In-Sight ViDi 画像処理ソフトウェア搭載

ViDi software with all defect detection tools

VisionPro Deep Learning

A breakthrough in complex inspection, part location, classification, and OCR

ガラス瓶やアンプルの底部または端のひび、その他の傷、泡、黒斑、異物混入などの欠陥は、内容物の汚染または無菌への侵害を引き起こす可能性があります。バイアルおよびアンプル検査は、顧客に到達する前に、これらの欠陥を特定して患者の安全を守る必要があります。医薬品用ガラスは、機能に影響を及ぼさず、安全に出荷できる傷などの軽微な欠陥も示すことができます。

バイアルやアンプルに使用されるホウケイ酸ガラスは透明な性質であることを考えると、透明性と反射の両方の観点から、標準的なマシンビジョンで欠陥と許容可能な欠陥を識別することは困難であり、ルールベースのバイアル欠陥検出では、すべての予測不可能な欠陥を処理するようにプログラムできません。

コグネックスのディープラーニングは、実際の欠陥と許容可能な外観異常を区別することができるため、そのような複雑な検査にも対応できます。欠陥検出ツールは、さまざまな角度で幅広いガラス瓶を登録することで、許容レベルの外観不良を含む正常な部品の完全なバリエーションを学習します。その後、瓶をスキャンして分析し、外観不良の誤判断を最小限に抑えながら、許容範囲外の欠陥にフラグを立てます。

瓶の良品と欠陥品

強力なディープラーニングのツールセットのほかにも、コグネックスのディープラーニングは、ハイダイナミックレンジプラス (HDR+) 技術もサポートしています。HDR+ は、コグネックスが開発した特許出願中の高度な画像形成技術です。明るく、変化するガラスの反射を克服して、より均一性のある画像を作成し、隠れた欠陥も取りこぼさず、検査性能を高めます。HDR+ が標準 HDR と異なるのは、高速移動する部品から1回のスキャンで情報を取得できる点です。標準 HDR が同じ結果を得るには、対象物を静止させ、複数の画像を取得する必要があります。

注目のコグネックス製品

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...