Pharma-v2

製薬/医療

UDI マークと品質検査

マシンビジョン、ディープラーニング、バーコード検証で UDI コンプライアンスを維持

DPM コードの品質検査

米国食品医薬品局 (FDA) の固有のデバイス識別子 (UDI) 命令および欧州委員会の体外診断用医療機器規則 (MDR/IVDR) は、各医療機器に関する追跡可能な情報を提供するために UDI マークを使用して医療機器を追跡する必要があります。コンプライアンスを維持するには、デバイスのライフサイクル全体でマークが読み取り可能かつ解読可能である必要があります。医療機器を適切にマーキングすることで、欠陥のある製品、リコール対象製品、期限切れの製品、偽造品を迅速に識別できるようになります。UDI バーコードは、医療機器情報、ロット番号、シリアル番号、製造日、有効期限を人間および機械で読み取り可能な形式でリストします。

バーコードは、熱伝達ラベルまたはダイレクトパーツマーキング (DPM) など、さまざまな方法を使用して適用することができます。ラベルにバーコード印字エラーや印字不良があると、手作業でやり直す必要があるため、生産プロセスを遅らせ、サプライチェーン全体でパートナーにも影響を及ぼします。品質検査では、コードの正しい配置や印字を確認し、トレーサビリティの確保と、リコールのより簡単な管理を実現する必要があります。光学式文字認識 (OCR) を使用して、プロセス制御の信頼性を高め、メーカーによるラベル要件の確実な準拠と患者の安全を実現します。

OCR テクノロジを採用しているコグネックスのビジョンシステムは、コードの有無を確認し、一連の番号および文字が正しいことを確認します。レーザーマークや DPM テキストなど難しい OCR の場合でも、コグネックスのディープラーニングソリューションは、コードが正確に読み取られ、検証されていることを確認します。ディープラーニングは、OCR と光学式文字検証 (OCV) を使用して、変形、歪み、エッチング不良のある文字も解読します。登録されているオムニフォントライブラリを使用すれば、プログラムを追加したり、フォントを登録する必要なく、ほとんどの文字を識別できます。

コグネックスのインラインおよびハンドヘルド型バーコード検証機は、ラベルベースや DPM コードの品質を評価して品質基準が満たしていることを確認します。検証機は、キャリブレーションを行い、指定に従った照明を使用して品質基準を満たす必要があります。総合的な評価は複数の品質パラメータに基づいて割り当てられ、コード品質を証明するレポートが生成されます。検証結果を監視することにより、品質が低下し始めてもコードの問題を特定することができるため、即座に適切な対策を講じることができます。

困難なOCR検査とバーコード検証

注目のコグネックス製品

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...