Pharma-v2

製薬/医療

経皮パッチ検査

粘着スキンパッチの液体薬の量が適切かを確認

包帯の不良を検査するビジョンシステム

関連製品

VisionPro ViDi Product Tile

VisionPro Deep Learning

ディープラーニング採用の工業用画像解析向けグラフィカルプログラミング環境

In-Sight D900

In-Sight D900

ディープラーニング採用 In-Sight ViDi 画像処理ソフトウェア搭載

抗生物質、消毒剤、抗真菌薬など、様々な薬が皮膚に貼る粘着パッチで投与することができます。その製造現場では、液体溶媒の有効成分がパッチに滴下されます。

その滴下量を一定に保つことは容易ではありません。FDA 規則では、各製品の許容可能な治療用量を狭い範囲で義務付けています。滴下量が多いまたは少ないと、パッチ上の滴下位置がずれたり、異形になったり、投与量が不適切になってコンプライアンスの問題やリコールの可能性が生まれます。

従来のマシンビジョンでは、パッチの背景に対して滴下の実行とその量の適正を分析するのが困難でした。また、人間の目も、見るだけで量を判断することが難しいため、人的検査もエラーの原因となります。

コグネックスのディープラーニングは、医療用経皮パッチ検査において信頼性の高いテクノロジです。測定された投薬量と望ましい配置に基づいて、パッチ上の許容可能な大きさと液滴の形状範囲の画像と、容認できない液滴の画像を登録します。分類ツールで、許容できる液滴の形状とサイズのカテゴリを作成し、その他すべてのバリエーションを拒否カテゴリに設定します。

 

経皮パッチ - その他の例

 

注目のコグネックス製品

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...