物流

横並び検出

パッケージが適切に並んでいない場合の問題を特定して解決

Two packages that are side-by-side on a roller track with an inset of how the two packages would look if they had an imaginary box drawn around them

関連製品

3D-A1000

3D-A1000 寸法測定システム

高速、正確、直感的な寸法測定テクノロジ

370 barcode reader held by hand

固定式バーコードリーダ

レーザースキャナの使いやすさと価格を実現した画像ベースバーコードリーダ

物流チームが毎日対処する課題の1つは、横並び検出の状況管理です。これは、物流処理の様々な箇所で発生する可能性がありますが、主にソート処理で発生します。2 つのパッケージ(またはアイテム)がコンベアまたはソータートレイで文字通り横並び(または積み重なり)になっている場合、従来の検出システムでは 1 つのパッケージと見なされていました。これにより、在庫数が不正確になるばかりか、物品の「紛失」、二重配送につながり、プロセスの効率性、生産性、さらには顧客満足度に大きく影響します。

製品デモの依頼

Cognex 3D-A1000 寸法測定システムは、三次元および二次元カメラシステムを搭載し、横並びに起因する在庫損失や配送ミスや物流処理のあらゆる箇所で発生する可能性のある二重カウントを減らします。3D-A1000 システムは、寸法データを取り込み、三次元点群画像を形成して、横並びの状況を識別します。対象の物品にフラグを付け(注意を促し)、制御システムに情報を送信することで、対象の物品を再ルーティングして修正することができます。

3D-A1000 は、従来の検出システムが誤って横並びとしてフラグを付けるスプリットトップケースやマルチパックなど、最新パッケージの物品を正しく識別します。ソート処理の自動二次検査を実施することにより、受注処理の正確性が向上し、製品の「紛失」および出荷ミスに関連するコストを削減できます。

注目のコグネックス製品

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ