物流

荷物のソータスキャニング

トレーサビリティの強化、ソートスループットの向上、手作業の削減

Ship Sorter Scanning

関連製品

Man holding Cognex DataMan 370

DataMan 370 シリーズ

固定式バーコードリーダは、幅広いアプリケーションに優れた読み取り性能を提供します。

DataMan 470 シリーズ

固定式バーコードリーダは、複雑な高スループットな製造および物流アプリケーションの課題を簡単に解決します。

荷物のソータは、流通施設の要であり、多くの場合、トラックに積荷される前の最後のスキャンポイントです。この時点で読み込めないコードは、再循環され、手作業で処理しなければなりません。

パッケージには複数のラベルやコードが貼られていることが多く、確実に納品するためには、迅速かつ正確に読み取る必要があります。効率的な操作を実現するには、スループット(読み取り速度)を最大化し、ライン上のパッケージ間の間隔を最小限まで狭くすることが必要です。受注・配送センターでは、常に選別システムの読み取り数を減らす方法を模索しており、その実現には現状を理解するための運用データが必要です。このデータを持つことは、効率を向上させるために重要です。従来のレーザーベースのスキャンソリューションの多くは、これらの貴重な情報を提供していません。

コグネックスのリーダを複数搭載できるスキャントンネルに DataMan 370 または 470 画像処理式バーコードリーダを搭載することで、仕分けにおけるスピードおよび精度の要求に対応し、パッケージの確実な仕分けとタイムリーな納品を実現します。多面処理が可能なスキャントンネルは、あらゆる角度からコードを読み取れるため、バーコードスキャナに合わせてオペレータが荷物を整理する必要がありません。

コグネックスのバーコードスキャントンネルは、箱をあらゆる側面からスキャンして損傷したコードを読み取るように設計されています。現在のソータに求められる荷物間の隙間が狭い高速処理にも対応しています。これにより、仕分けの精度に影響を及ぼすことなく、施設のスループットが向上します。コグネックスのトンネルは、隙間を狭くすることでスループットを向上させ、手作業を減らすことでシステムコストを削減し、プロセス最適化に役立つシステムパフォーマンスフィードバックを顧客に提供します。パフォーマンス フィードバック データには、視覚的フィードバックと写真によるエラーの証拠のための画像記録、コード品質指標、およびヒート マッピングなどがあり、読み取りミスの根本的な原因究明に利用したり、施設内の他の場所で発生している問題の修正に役立てることができます。

荷物のソータスキャニング - パフォーマンスモニター

コード品質指標は、バーコードをグレード評価し、最大限の読みやすさを保証し、DataMan バーコードリーダで問題を特定に役立つ「読み取りミス」の画像をキャプチャする

注目のコグネックス製品

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...