物流

出荷ラベルの印刷、貼り付け、検証

ラベルの印刷と配置の課題を特定して解決

関連製品

Man holding Cognex DataMan 370

DataMan 370 シリーズ

固定式バーコードリーダは、幅広いアプリケーションに優れた読み取り性能を提供します。

DataMan 470 シリーズ

固定式バーコードリーダは、複雑な高スループットな製造および物流アプリケーションの課題を簡単に解決します。

大規模な施設でも、小規模な倉庫でも、受注処理は各物品が適切に選別され適切な場所に送られるための追跡ラベルを正確に印刷して貼り付けることから始まります。ラベルマシンは不良ラベルを印刷したり、パッケージに正しくラベルを貼り付けることができないことがあります。かすれやしわのあるラベル、ラベルの貼り付け不良、誤った場所に張り付けられたラベルは読み取りが難しいため、手作業の修正、配送の遅延、あるいは罰金といった追加費用の問題が生じます。

ラベル貼り付け処理の後にコグネックス DataMan 370 または DataMan 470 画像処理式バーコードリーダを搭載する上面読み取りトンネルを設置して、出荷ラベルが正しいことを確認できます。コグネックスの上面バーコード読み取りトンネルは、コードが破損または汚れている場合でも、高度なアルゴリズムを使用して99.9%の読み取り率を達成します。コード品質指標を使用すると、DataMan バーコードリーダは、選別工程の前に、質の悪いコードにフラグを立てて、迅速に対応できるようにできます。これにより、問題のあるパッケージをすぐに再作業できるように転用し、航続の工程で詰まり、誤読、仕分けミス、またはその他の問題が発生しないようにします。また、たとえば、コードが頻繁に誤って貼り付けられた利、しわが発生したりすると、リーダのコードグレード評価で施設管理者がプリンタ エラーを特定して修正し、以降の工程でも問題を最小限に抑えることができます。

注目のコグネックス製品

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...