ライフサイエンス

レントゲンによる臓器検索と識別 

ディープラーニングベースのツールは、視覚的に曖昧である、またはコントラストの悪い背景でもレントゲンで対象領域を位置決めします。

Cognex Medical Imaging

関連製品

VisionPro ViDi

複雑な検査、部品検出、分類、OCR の進歩

Advantage エンジン

コグネックスの画像処理とID技術をOEM製品に組み込むことができる、コスト効果の高い製品です。

複雑でコントラストが乏しい背景や画像品質に問題がある場合、特定の臓器など、レントゲンで特定の対象領域を位置決めするのは容易ではありません。ディープラーニングベースの画像分析は、検査官の柔軟性とコンピューターシステムの速さと確実性を組み合わせて、この問題を解決します。コグネックスの ViDi Blue-Locate ツールは、関係のない特徴を無視しながら、対象領域で際立つ特徴を学習することで、特定の臓器の位置決めができます。

ViDi読み取り(青)は注釈付き画像から学習することにより、複雑な特徴や対象物を見つけます。対象となる特徴のある画像を登録するだけで Blue-Locate ツールに学習させることができます。次にセルフラーニングアルゴリズムで、背景にノイズがあるレントゲン画像やその他複雑な対象物でもタイプの異なる臓器または移植を検出できます。

コグネックスのアプリケーションソリューションに関する問い合わせ先:

注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ