ライフサイエンス

医療用画像処理

生物学的異常の検索の自動化を実現するディープラーニングベースの画像分析

Medical Imaging

従来の医療用画像分析では、検査官の柔軟性と規則性のないものを判断する能力が必要でした。これは時間がかかる作業であると共に、曖昧な背景や画像の品質などの課題により、対象物や対象領域を正確に特定するのが困難でした。自動システムでは、無関係な特徴を無視しながら、対象領域を正しく識別する必要があります。現在、ディープラーニングベースの画像分析は、レントゲン、超音波、NMR による生物学的異常の検索を自動化できます。

身体の正常な外観から特定の異常または違いを探す場合、コグネックスの ViDi は、検査官の柔軟性とコンピューターシステムの速さと確実さを組み合わせることができます。ViDi Blue-Locate ツールは、背景が複雑でコントラストが乏しい場合でも、領域の際立った特徴を学ぶことにより、対象領域 (特定の臓器など) を位置決めします。ViDi Red-Analyze ツールは、一連のサンプル画像を学び、臓器の正常な外観の異なるモデルおよび特定の種類の異常モデルを作成します。対象領域における正常な生理機能から逸脱する異常は、放射線専門家による CAD コンピュータ支援診断で欠陥としてフラグ付けされます。

コグネックスのアプリケーションソリューションに関する問い合わせ先:

注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ