食品飲料

取り分け検査

三次元変位センサで梱包前の取り分けサイズを検査

Portioning inspection

関連製品

DS1000 三次元レーザー変位センサ

製品を三次元で検査します。

In-Sight Laser Profiler

製品寸法を検査および検証するための使いやすい測定システム

充填レベルが均一でなければならないボトルや瓶と同様に、固形食品も個々の大きさが正確で一定である必要があります。冷凍食品、冷凍インスタント食品、スナックなど、複数のアイテムが含まれる食料品は、検査すべき要素が複数あるため、メーカーにとって検証時の課題をもたらします。取り分け量が一定でない、または不正確になると、消費者を失望させ、メーカーの評判を落としかねません。量および取り分けエラーを発見することにより、整合性を維持したまま生産量を最大化させ、廃棄を減らすことができます。

マシンビジョンソリューションは、製品組立時に分配される食品の量を測定し、取り分け量を確認します。三次元変位センサは、正確に三次元で体積を測定し、予定された取り分け量であることを確認します。メーカーは、三次元キャリブレーションで取り分け量や切断地点を設定することで、均一かつ均等の量を実現することができます。コグネックスの三次元変位センサは、食品の三次元検査を行えるよう工場でキャリブレーションされています。コグネックスの DS1000 3D 変位センサは、対象部分の寸法をスキャンし、プログラムされた仕様を確実に満たすようにしています。このスキャンによって目視点検と体積測定ができます。

Download Food and Beverage Solutions Guide

コグネックスのアプリケーションソリューションに関する問い合わせ先:

注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ