食品飲料

コーヒー豆検査

適切な品種がブレンドに使用されるためのコーヒー豆の分類

コンベア上のコーヒー豆を分類するビジョンシステム

関連製品

VisionPro ViDi Product Tile

VisionPro Deep Learning

ディープラーニング採用の工業用画像解析向けグラフィカルプログラミング環境

In-Sight D900

In-Sight D900

ディープラーニング採用 In-Sight ViDi 画像処理ソフトウェア搭載

コーヒーの焙煎と流通を行う販売店では、多くの場合、特定の風味を作り出すため、様々な品種のコーヒー豆をブレンドします。ブレンドには、少なくとも5種類の異なる品種の豆が処方され、ベンダーは新しい特徴のあるブレンドを作ることで競争します。

コーヒー豆は異なるベンダーから届くため、倉庫に保管する前に正確に確認する必要があります。豆の種類が異なれば、最終製品の風味が変わり、顧客の満足度にも影響を及ぼします。ブレンド用に入荷される豆は、植物や小石などの異物が混入していないか点検する必要があります。

コーヒー豆はその品種によって外観が大きく異なります。品種の違いはさまざまで、大きさ、形状、表面の質感、色など、異なるパラメータで判断されます。従来のマシンビジョンは、豆の品種は区別できても、そのばらつきには対応できないため、コーヒー豆の外観検査を正確に行うことはできませんでした。

コグネックスのディープラーニングは、豆の色、大きさ、質感の違いを素早く簡単に区別できるため、コーヒー豆の選別に適しています。倉庫に入庫する各品種の画像を登録します。分類ツールは、外観が類似する場合でも、各品種で許容される自然なばらつきを容認しながら、品種を区別します。欠陥検出ツールは、豆がブレンドされる前に、物理的な不純物を検出します。

ブレンド用に新しい品種が追加された場合は、新しい品種の画像を登録するだけで、プログラミングをしなくても、適切に識別およびソートされます。

注目のコグネックス製品

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...