食品飲料

自動食肉・家禽検査

食肉と家禽を自動的に評価して正しく価格設定

コンテナ内の鶏むね肉の欠陥検出

関連製品

VisionPro ViDi Product Tile

VisionPro Deep Learning

ディープラーニング採用の工業用画像解析向けグラフィカルプログラミング環境

In-Sight D900

In-Sight D900

ディープラーニング採用 In-Sight ViDi 画像処理ソフトウェア搭載

有機肉や家禽は、目の肥えた顧客に販売される高級商品ですが、今でも自動機械で大量に包装されています。食肉や家禽の切り身のラベルは正確でなければなりません。また、そのラベルを正確に分類することにより、適切な価格が請求されるようになります。工業用包装では、今でも物理的な汚染物質が含まれる問題に悩まされています。

有機肉や家禽は、その育て方や解体の仕方が異なるため、工業的に畜産された場合と比べてその大きさ、色、その他の要素が大きく異なります。そのような外観的な違いは、従来のマシンビジョンで食肉の分類アプリケーションで正確に分類するのを困難にしています。すでにラップでパッケージされ、複雑なロゴなどが印字されている場合は、特に識別が困難です。

X線スキャニングでは、金属物の混入を見つけることができますが、プラスチックまたはポリスチレンのフォームは、視覚的に識別されなければなりません。ランダムに外観と場所を指定すると、従来のマシンビジョンではそのような混入を見逃すことがあります。

コグネックスのディープラーニングは、食肉の品質検査を効果的に行います。カットされた食肉や家禽の部分のラベル付き画像を登録します。分類ツールは、自然なばらつき範囲を受け入れながら各部分を正確に分類し、各部位が必要以上に過小評価されないようにすることで、最大限公正な価格で販売されるにようにします。

欠陥検出ツールは、パッケージの損傷、機械、またはその他の原因で生じた物理的な汚れを迅速に発見し、製品が出荷される前にフラグを立てて知らせます。これにより、出荷される部位はすべて適切に分類され、正しく価格設定され、顧客満足度と収益の両方が向上します。

 

家畜のカット分類結果

 

注目のコグネックス製品

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...