食品飲料

不正防止と封印検査

マシンビジョンシステムでシールとパッケージの整合性を検査

Tamper-proof and safety seal inspection

関連製品

2D Vision Systems

In-Sight ® 画像処理システムは

検査、識別、位置決めする能力に非常に優れています。

PatMaxによる部品検出

正確で再現性のある部品/特徴検索テクノロジ

不正防止(または不正開封防止)パッケージは、多くの食品飲料製品において、汚染および漏れ防止の安全対策、さらには製品の整合性維持の対策として一般的になりました。不正防止シール、リング、小袋包装は、消費者に対して製品の品質および新鮮度を提供し、メーカーには高いセキュリティレベルを提供します。不正防止対策に手が加えられた形跡がなければ、製品の安全性および信頼性が確保されますが、一次包装の最終シール段階で生産エラーが発生すれば、安全シールにも影響を及ぼします。通常の生産機の摩耗損傷は、100%欠陥のない製品の製造を不可能にするため、ラインを通過し市場に投入される製品の品質管理と検出プロセスは非常に重要です。

製品の適切な充填レベルとキャップ位置を確認後、画像処理システムは、開口部(クロージャ)のシールの整合性、特に不正防止バンドや安全シールが存在するかを確認します。安全リングの付いたボトルの場合、画像処理システムで安全リングが傾いていないこと、適切に閉められていることを確認します。

PatMax RedLine パターンマッチングテクノロジを搭載したコグネックスの In-Sight 7000 画像処理システムは、素早く不正防止シールの位置を確認し、正確で再現性があるかどうかを検査します。PatMax RedLine は、安全シールの端を検出し、その高さ、幅、相対位置、ギャップサイズ(該当する場合)を測定し、プログラムされた制限と比較します。不正防止シールの寸法がプログラムされた値と異なる場合は、その製品が取り出されます。

Download Food and Beverage Solutions Guide

コグネックスのアプリケーションソリューションに関する問い合わせ先:

注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ