食品飲料

製品向き検査

梱包済みバッグが右側を上にして出荷されているか確認

充填された IV バッグの向き検査をするビジョンシステム

関連製品

Deep Learning blue brain on monitor

ディープラーニング

人工知能を搭載したIn-SightビジョンシステムとVisionProソフトウェアと組み合わせて、複雑なアプリケーションの検査を自動化します。

VisionPro software in use example

VisionPro マシンビジョンソフトウェア

読み取りが難しい二次元および三次元画像処理アプリケーションを素早くセットアップして実装できるようユーザーをサポートします。

適切な使用、および損傷を防ぐため、充填された IV バッグなどの多くの柔軟な液体充填容器またはバッグは、適切な垂直方向に梱包する必要があります。ピック&プレイスロボットは、二次包装の際に容器を適切な場所に器用に置くことができますが、上下の判断において多くのエラーが生じます。

このようなパッケージは、ジュース、シロップ、液体洗剤、油、溶剤、生理食塩水、薬、および他の消費者向け、産業向け、ヘルスケア製品に使用されます。柔軟性のあるバッグは、低コストで幅広い用途で使用されています。容器を逆さまに置くと、漏れや破損のリスクが高まり、納品先で開梱して取り外し難くなり、ブランド価値に影響を与える可能性があります。

容器は形およびサイズが大きく異なり、通常は透明なため、表面や液体による反射や屈折が生じる原因になります。従来のマシンビジョンは、これらの多くのばらつきに対応できず、出荷用に正しい向きに確実に揃えることができません。

コグネックスのディープラーニングは、梱包や出荷用の液体充填バッグやその他の柔軟容器の向きに関する問題を解決します。向きがマークされた容器のさまざまな画像を登録します。次い分類ツールで、各バッグの外観から向きを正確に判別し、ピック&プレースロボットにデータを送り、ロボットが容器を掴み、正しい向きにして二次梱包に移動します。

液体が充填されたバックや柔軟容器は、正しい向きに揃えられ、損傷や漏れがない状態で最終消費者に届きます。

注目のコグネックス製品

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...