食品飲料

ラベル印字の品質検査

ラベルの印字不良や損傷のあるコードをバーコードリーダで識別し、印刷の品質不良を排除

Label print quality inspection

関連製品

固定式バーコードリーダ

レーザースキャナの使いやすさと価格を実現した画像ベースバーコードリーダ

RTM

リアルタイムのモニタリング (RTM)

コグネックスの RTM は、使いやすい診断用インタフェースで役立つ情報をリアルタイムに提供し、バーコードラベルの問題を解決します。

処理、梱包、物流のあらゆる段階において、ほぼすべての食品飲料アプリケーションはバーコードを読み取る必要があります。生産およびサプライチェーンにおいて複数回処理が行われる部品の場合、バーコードラベルが劣化すると、深刻な問題を引き起こすことがあります。バーコードが損傷して読み取れない場合があります。印字不良、低コントラスト、損傷などでコードが読み取り難くなることがあります。

二次梱包時には、物品の重量が図られ、そのデータがコントローラーに転送され、原産地、日付、内容量、クラスなど製品特有のデータを含むラベルが作成され、ラベルディスペンサーでコンテナに貼り付けられます。にじみやインクジェットで印刷されたラベルは読み取りが困難です。ラベルにバーコード印字エラーや印字不良があると、手作業でリワークする必要があるため、生産プロセスを遅らせ、工場から出荷された製品を扱うベンダーやパートナーにも影響を及ぼします。低コントラストのラベルは、一般的に工業用バーコードリーダで読み取り難くなります。したがって、製造元では、製品が工場から出荷される前にバーコードの品質を確認して、その後のサプライチェーンで読み取りミスが発生しないようにする必要があります。

コグネックスの画像処理式バーコードリーダは、あらゆる段階、特に厳しい工業条件においてもコードが常に読み取れる状態を保ちます。DataMan バーコードリーダは、工業用の高い読み取り率で一次元バーコードおよび二次元コードを素早く正確に読み取り、すべての作業において処理速度、精度、生産性を高めます。高度なアルゴリズムは、コントラスト、解像度、クワイエットゾーン違反のばらつきがある読み取り難いコードでも素早く正確に読み取ります。工場で印字された低コントラストのコードでも、DataMan リーダなら、確実にコードを解読し、プロセスコントロール指標(PCM)として工場管理者が必要なデータを収集します。コグネックスの Explorer リアルタイムモニタリング(RTM)は、施設および工場管理者が使用する PCM を示し、それに基づいて性能問題の根本原因を特定できるようにします。RTM はコードの可読性の問題および読み取りミスを発生時点で注意喚起し、コントローラーのラベルプリンタにインク不足を知らせます。

Download Food and Beverage Solutions Guide

コグネックスのアプリケーションソリューションに関する問い合わせ先:

注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ