食品飲料

ガラス瓶のネック検査

ガラス瓶の糸模様ネックの欠陥を検出

ガラス瓶のネック損傷を検査するビジョンシステム

関連製品

VisionPro ViDi Software inspecting computer mouse on monitor

VisionPro Deep Learning

ディープラーニング採用の工業用画像解析向けグラフィカルプログラミング環境

In-Sight D900

In-Sight D900

ディープラーニング採用 In-Sight ViDi 画像処理ソフトウェア搭載

ねじ蓋式のガラス瓶や食品用の容器は、糸模様ネックにさまざまな衝撃損傷を受ける可能性があります。欠け、割れ、含有など、さまざまな欠陥は、瓶の中にガラスの破片がある可能性を示し、蓋が取り付けられたときの封止不良、または最終的な消費者への危険性が生じます。充填および封止に進む前に、各瓶の欠陥を上から検査する必要があります。食品容器の小さな欠陥は、特にガラス瓶の商品は、少量の高級品として販売されることが多いため、消費者の満足度に悪影響を及ぼします。

ガラスの透明度、反射率、輝度の変化とともに、損傷の種類や場所の多様性、従来のマシンビジョンでは、許容可能な瓶のネックをパスしながら欠陥を確実に識別することはほぼ不可能です。

コグネックスのディープラーニングは、糸模様ネックの微妙な欠陥を検出する際の問題を解決する優れたソリューションです。許容可能なガラス容器の首の画像を登録します。次に欠陥検出ツールは、ガラスネックの許容可能な外観をパスし、輝き、ホットスポット、および屈折を無視しながら、欠け、含有、割れなどの異常を特定します。

消費者に届く瓶およびその他の容器は、しっかりと封止され、ガラスの破片やその他の危険な異物が混入しているリスクが限りなく低くなっています。

注目のコグネックス製品

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...