食品飲料

ジュースボックスの品質検査

ジュースボックスのストローに損傷がないことを確認

In-Sight D900 は、ジュースボックスを検査して、付属のストローから潜在的な欠陥を見つけます。

関連製品

VisionPro ViDi Software inspecting computer mouse on monitor

VisionPro Deep Learning

ディープラーニング採用の工業用画像解析向けグラフィカルプログラミング環境

In-Sight D900

In-Sight D900

ディープラーニング採用 In-Sight ViDi 画像処理ソフトウェア搭載

ジュースボックスは、曲げられた状態でラッピングされた柔らかいストローが付けられて販売されます。箱の中身を飲むには、ホイルで密封された穴にストローを差し込みます。ストローがない、位置がずれている、損傷がある場合は、販売できない製品になってしまいます。

ストローがない、または損傷したまま販売されてしまうと、ジュースが飲めないため、不運な顧客(特に子供)は購入しなくなります。

ジュースボックスは、デザインが多様で、ストローの色もさまざまです。ストローの位置とそれに対する潜在的な損傷は、どこにでも生じる可能性があります。従来のマシンビジョンでは、複雑な印刷背景に対してストローを確実に区別できず、画像内の幅広い欠陥や位置ずれを検出することはできません。

コグネックスのディープラーニングは、損傷のないストローの存在を簡単に確認できます。まず、損傷のないストローの画像と、欠損、損傷、または位置ずれのあるストローの画像の両方を登録します。次に、分類ツールは、背景を無視して、すべての画像を許容可能な条件と許容できない条件に分ける方法を学習します。このとき、特定の欠陥を特定して定義する必要がないため、分類プロセスはシンプルです。許容できる/できないのみを判断します。

消費者には、正常なストローが包装されたジュースボックスが届くことが保証されます。特に子供が飲む際の液漏れを最小限に抑えます。

注目のコグネックス製品

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...