食品飲料

冷凍ピザのソートと検査

ピザのタイプ、材料の適正物理的な汚染物質のないことを自動的に確認

ピザの不良を検査するビジョンシステム

関連製品

VisionPro ViDi Software inspecting computer mouse on monitor

VisionPro Deep Learning

ディープラーニング採用の工業用画像解析向けグラフィカルプログラミング環境

In-Sight D900

In-Sight D900

ディープラーニング採用 In-Sight ViDi 画像処理ソフトウェア搭載

冷凍ピザは市場で非常に競争の激しい消費者向け食品です。見た目に美しく、対称的なピザを最小限の廃棄物で安定して生産することが、最も重要です。ピザは、調理済みの丸い生地がコンベアの上を移動しながら、ソース、チーズ、および様々なトッピングを乗せるという工程で大量に作られています。その後、ピザは、トンネルフリーザーやスパイラルフリーザーで急速冷凍されます。

生産率が高いものの、材料の配置とボリュームは正確ではありません。パッケージされる前に、各ピザの外観検査を行って、ピザの種類、ペパロニなど特徴的な材料の数、物理的な汚染物がないことなど、様々な基準を満たしていることを確認する必要があります。

ほとんどの食品と同様に、ピザの外観は大きく異なります。ペパロニスライスの位置は特に決まりがなく、その他の材料もどこに配置されていても構いません。ただし、他のピザの材料が乗っていたり、プラスチック片などの物理的な異物が乗っていてはいけません。従来のマシンビジョンは、許容可能なバリエーションとそうでないものの区別が困難でした。また、潜在的な欠陥が多いことにも対応しきれていませんでした。

コグネックスのディープラーニングは、冷凍食品の自動検査アプリケーションに理想的なソリューションです。種類の異なるピザの画像の登録と、トッピングの分布を登録するツールを別にして、要件を満たすピザだけを通過させるのに必要な区別の仕方を学習します。

部品検索ツールには、適切な数のトッピング(ペパロニなど)が分布しているピザの画像をいくつか登録します。次に、下のソースやチーズは無視し、接触したり、重なっている場合も含めて、ペパロニを特定し、位置を確認して、計数します。トッピングの数が制限に合わないピザは、取り出されます。

欠陥検出ツールには、トッピングに大きなばらつきがある場合も含めて、許容範囲内のピザの画像を登録します。次に、下のソースやチーズは無視して、ピザの種類に適さないトッピングを含む、物理的な異物を検出します。最終的には、消費者が夕食に購入したミートスープリームピザにキノコが乗っていないようにしなければなりません。

分類ツールは、工場で生産される全種類のピザを全範囲でラベル付けした画像を登録します。次に、各タイプを区別して選別し、適切なパッケージラインに送り、確実に在庫として保管されるようにします。これらすべてのツールを使用することにより、メーカーによる加工食品の自動検査が可能となり、最高品質の製品のみが工場から出荷され、消費者の食卓に届きます。

 

ペパロニピザの合否検査結果

 

注目のコグネックス製品

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...