食品飲料

キャップ高さと歪み検査

マシンビジョンシステムでキャップの高さ、位置、歪みを検査して
正しいアセンブリを実現

Cap height skew inspection

関連製品

2D Vision Systems

In-Sight ® 画像処理システムは

検査、識別、位置決めする能力に非常に優れています。

In-Sight 7000 シリーズ

フル装備でパワフル,ユニークなモジュール設計を持つコンパクトなビジョンシステム

ボトルメーカーは製品を素早く充填、キャップ、シールします。液体の充填レベルの均一性を点検した後、マシンビジョンでキャップが正しく締められていること、安全リングが適切に付けられていることを確認します。キャップが適切にシールされていないと、製品の安全性や品質を損じ、ブランドの評価が下がります。

画像処理システムは、多次元の画像処理でキャップの高さと歪みを検証できます。In-Sight 7000 画像処理システムにエッジ検出技術を採用して、キャップの上部とボトルの首の間の距離、さらにはキャップの上部の水平位置を測定して、プログラム可能な制限を満たしていることを確認します。この方法により、画像処理システムはキャップが安全シールまでしっかり閉められているかどうか判断できます。キャップの高さおよび歪み検査を通過しなかったボトルはラインから除かれます。

Download Food and Beverage Solutions Guide

コグネックスのアプリケーションソリューションに関する問い合わせ先:

注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ