食品飲料

ボトルキャップ検査

キャップの配置エラー検出で漏れ防止

Cap height skew inspection

関連製品

2D Machine Vision Systems Insight 7000 and hand holding In-Sight 9000

In-Sight ® 画像処理システムは

検査、識別、位置決めする能力に非常に優れています。

In-Sight 7000 シリーズ

フル装備でパワフル,ユニークなモジュール設計を持つコンパクトなビジョンシステム

ボトルメーカーは、高速アセンブリライン上を移動する製品に素早く充填、キャップ、シールします。液体の充填レベルの均一性を点検した後、キャップが正しく締められていること、安全リングが適切に付けられていることを確認することが重要です。キャップが適切にシールされていないと、製品の安全性や品質を損じ、ブランドの評価が下がります。また、出荷用に梱包される前に、輸送中に漏れが生じないよう、ボトルのキャップが適切に密閉されていることを確認する必要があります。

コグネックスのビジョンシステムは、多次元の画像処理によってキャップの高さと歪みを検証します。In-Sight ビジョンシステムにエッジ検出技術を採用することにより、キャップの上部とボトルの首の間の距離、さらにはキャップの上部の水平位置を測定して、プログラム可能な制限を満たしていることを確認します。この方法により、ビジョンシステムはキャップが安全シールまでしっかり閉められているかどうか判断できます。キャップの高さおよび歪み検査を通過しなかったボトルはラインから除かれます。

三次元変位センサは、マクロレベルの正確な三次元検査を行うことで製品の品質を最適化します。レーザー変位センサを箱の上に配置し、三次元測定を使用して箱内の各ボトルのキャップが適切な位置にあることを確認します。しっかりと閉められていないキャップがあると、箱のふたを閉めて配送トラックに積まれる前に知らせます。これは、漏れ防止や、不良品が工場から出荷される前に修理するのに役立ちます。

コグネックスのアプリケーションソリューションに関する問い合わせ先:

注目のコグネックス製品

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...