エレクトロニクス

ワイヤーボンディング欠陥検査

許容範囲内の異常から欠陥を区別してICチップの収率と性能を向上

Vision system inspecting wire bonds for defects

関連製品

VisionPro ViDi Software inspecting computer mouse on monitor

VisionPro Deep Learning

ディープラーニング採用の工業用画像解析向けグラフィカルプログラミング環境

In-Sight D900

In-Sight D900

ディープラーニング採用 In-Sight ViDi 画像処理ソフトウェア搭載

ワイヤーボンディングは、多くの集積回路やマイクロチップ内の相互接続に使用される最も一般的な方法です。これは高い精度を必要とする繊細なプロセスです。ワイヤーボンディングの目的は、非常に薄い金属ワイヤーでチップのリード線とパッケージング材料に接続することです。パッケージング材料は、別の部品に信号を伝送します。ワイヤーの破損や欠落などの欠陥は、信号伝送を妨害する可能性があります。これらの欠陥は種類や場所が異なるため、ルールベースのマシンビジョンソリューションは、欠陥のあるワイヤボンドを正確に特定することが困難です。

従来、ルールベースのビジョンを採用する自動光学検査 (AOI) システムを使用してもうまく機能しません。したがって、疑わしいノーグッド (NG) ケースは、ディープラーニングで検査することで、検査プロセスの信頼性を高めることができます。AOI マシンは、疑わしい NG ケースを特定し、コグネックスのディープラーニングツールを使用して画像をシステムに提供します。欠陥検出ツールは、対象領域を動的に抽出し、分類ツールで、さまざまな欠陥を分類し、ワイヤーボンディングの良し悪しを判断します。欠陥をソートすることで、プロセスの問題を切り分け、さらに後続の工程でコストのかかる再作業を防ぎ、マイクロンレベルの欠陥をうまく特定することで、IC チップの収率と性能を高めます。

 

ワイヤーボンディングの良い/悪い例

 

注目のコグネックス製品

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ