エレクトロニクス

プリント回路基板のコネクタ検査

PCB 上の接点とケーブル接続の正しい配置を確認

PCB コネクタの合否検査結果

関連製品

VisionPro ViDi Software inspecting computer mouse on monitor

VisionPro Deep Learning

ディープラーニング採用の工業用画像解析向けグラフィカルプログラミング環境

In-Sight D900

In-Sight D900

ディープラーニング採用 In-Sight ViDi 画像処理ソフトウェア搭載

フレックスケーブルは、携帯電話やその他の小型電子機器の基板と他のコンポーネント間で信号と電力を伝送します。最大限の効率で機能するためには、ケーブルのコネクタが組み立て時に適切なボードの接点に正確に接合されている必要があります。

接点に湾曲があったり、接続が不十分だと、接続の劣化、断続的な断線、あるいは機能しないなど、信号や電力の損失につながります。基板が次のアセンブリ工程に送られる前に、接点に損傷のないこと、コネクタが適切に配置されていることを確認する必要があります。

接点とその位置は、さまざまな方法で湾曲、不完全、破損することがあり、コネクタの接点位置がずれたり、正しく接着されないことがあります。接点の湾曲やコネクタのずれにはあらゆる可能性が考えられるため、従来のマシンビジョンでは PCB 検査が難しく、視野内のコンポーネントが複雑で反射性がある場合は特に困難です。

コグネックスのディープラーニングは、コネクタの装着検査の問題を簡単に解決します。アセンブリ検証ツールは、機能部品と接点の画像をいくつか登録し、背景が反射する、あるいは複雑な場合でも、正しい取り付けを幅広いバリエーションで学習します。登録および学習が完了すると、アセンブリ検証ツールは、許容範囲内の取り付けを容認し、パラ―メータに合致しない取り付けを却下します。

PCB のデザインが変更された場合は、コグネックスのディープラーニングに新しいデザインの画像を再登録するだけで、プログラミングを行うことなく、即座にオンライン状態に戻すことができます。

注目のコグネックス製品

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...