エレクトロニクス

プリント基板検証

ディープラーニングソフトウェアで PCB のコンポーネントを特定および計数して正しいアセンブリを確認

Cognex In-Sight ViDi PCB assembly inspection with ViDi Blue-Locate tool

関連製品

VisionPro ViDi

複雑な検査、部品検出、分類、OCR の進歩

VisionPro マシンビジョンソフトウェア

読み取りが難しい二次元および三次元画像処理アプリケーションを素早くセットアップして実装できるようユーザーをサポートします。

アセンブリの最終検証では、これまで二次元および三次元マシン ビジョンシステムで PCB の LED、マイクロプロセッサ、およびその他の表面実装デバイスの有無と正しい配置を検査していました。コンポーネントの位置が違う、または欠落していると、PCB のパフォーマンスと耐用年数に影響を与える可能性があります。メーカーは、ピンの傷、ねじれ、曲がり、または欠落に注意しなければなりません。チップは誤差に対する許容度が低いため、表面的な欠陥であってもリジェクトの原因になります。

このようなエラーは、PCB をデバイスに組み込む、または顧客に出荷する前に発見する必要があります。しかし、外観のわずかな違い(微妙な照明のコントラスト、遠近歪と向きの違い、または金属表面の眩しさなど)は、自動検査システムを混乱させる可能性があります。近接する部品は、マシンビジョンシステムで独立したコンポーネントとして区別することは困難です。これらの検査をルールベースのアルゴリズムにプログラミングすることは、時間がかかり、エラーが発生しやすく、フィールド エンジニアにとっても対応が容易ではありません。検査担当者は、これらのコンポーネントを識別することは可能ですが、高速処理という要求を満たすことはできません。

VisionPro ViDi データシートのダウンロード

コグネックス ViDi ディープラーニング画像解析ソフトウェアは、現場でメンテナンスできる PCB アセンブリ検査ソリューションを提供します。ViDi Blue-Locate ツールは、各部品タイプの位置がラベル付けされた画像からコンポーネントを識別して登録し、1つのツール内に各コンポーネントの参照モデルを構築します。このツールは、サイズ、形状、表面の特徴を基に部品の特徴を一般化し、通常の外観と基板上の一般的な位置を登録します。また、コントラストが低い画像やキャプチャが不十分な画像でも動作するようにシステムが最適化されています。

生産において、ViDi Blue-Locate は、基板の関連エリアをすべて分析して、外観が違いに関わらず各コンポーネントを探し、特定します。このソリューションは、コンポーネントの有無を判断し、正しいコンポーネントが使用されていることを確認できます。このようにして、このツールは、複雑な PCB アセンブリ検査を自動化する信頼性の高いソリューションを提供できます。

コグネックスViDiアセンブリ検証ガイドをダウンロード

コグネックスのアプリケーションソリューションに関する問い合わせ先:

注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ