至近距離のPCBコンポーネント

エレクトロニクス

一次元および二次元コードの読み取り

LEDパッケージおよび輸送キャリアの一次元および二次元コードを迅速かつ正確に読み取ることによるトレーサビリティの向上

LED製造プロセス中に一次元および二次元バーコードをデコードするオーバーヘッドバーコードリーダ

関連製品

ESD Safe line of Cognex barcode readers

ESD-Safe バーコードリーダ

ESD-Safe バーコードリーダは、大きな損害をもたらす可能性のある静電気放電(ESD)に対する保護が施されています。

DataMan 70

DataMan 70 シリーズ

パワフルなパフォーマンスを実現する小型バーコードリーダ

トレーサビリティは、LED生産プロセスにおいて重要です。一次元および二次元コードは、レーザー刻印またはラベルに印刷され、サプライチェーンのトラックバックの透明性を提供する重要な製造情報を伝達します。コードは、最終パッケージだけでなくキャリアリングにも添付されます。バーコードには、主要な製造情報、ロット番号、数量、およびLED輝度などの属性が含まれます。各ステップでバーコードが読み取られ、付属する製造情報が正しいことが確認されます。ラベルマシンは不良ラベルを印刷する、またはラベルを正しく貼り付けることができないことがあります。かすれやしわのあるラベル、ラベルの貼り付け不良、誤った場所に張り付けられたラベルがあると読み取り率が低下するため、手作業の修正、配送の遅延といった追加費用の問題が生じます。レーザーベースのバーコードリーダの多くは、損傷したラベルを読み取ることができないため、プロセスに余分な時間とコスト発生します。

コグネックスのESD-safeのDataMan固定式画像ベースのバーコードリーダを使用すると、キャリアとパッケージのラベルが正しいことを確認するのに役立ちます。コグネックスのバーコードリーダは、コードが破損または汚れている場合でも、高度なアルゴリズムを使用して99.9%の読み取り率を達成します。コード品質指標を使用すると、DataManバーコードリーダは、下流工程の前に、質の悪いコードにフラグを立てて、迅速に対応できます。これにより、問題のあるラベルをすぐに補修できるので、サプライチェーンの後の段階で問題が発生することはありません。また、コードが頻繁に誤って貼り付けられたり、しわが発生したりする場合、リーダのコードグレード評価により、生産担当者はプリンタエラーを特定して修正し、下流工程での問題を最小限に抑えることができます。

注目のコグネックス製品

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ