エレクトロニクス

スポット溶接検査

誤判断を最小限に抑え、スポット溶接の品質を正確に分類

Spot Weld Inspection

関連製品

In-Sight D900

In-Sight D900

ディープラーニング採用 In-Sight ViDi 画像処理ソフトウェア搭載

ViDi software with all defect detection tools

VisionPro Deep Learning

A breakthrough in complex inspection, part location, classification, and OCR

確実な電気的接続を確保するには、ワイヤを互いに、または端子にスポット溶接する必要があります。溶接は、2つの異なる金属を一緒に溶かして、確実な接続を形成します。溶接が十分に溶け、十分でかつ多すぎない分量で良好な形状を有し、適切に配置されていることが重要です。メーカーは、さまざまな電子部品に対して複数のラインを稼働させることが多いため、すべての接続が確実であることを確認する必要があります。

スポット溶接は形状、位置、色、反射率、テクスチャ、表面マーキングなど、外観にばらつきが大きく、均一でないため、検査では誤検出の割合が高く、過剰反応であると言えます。過剰な判断は良品も廃棄される可能性を高めます。良い溶接が不適切に不良と判断され、手動検査に回されると、ライン速度に対応できない遅延が生じ、さらなる不適切な溶接欠陥をもたらす可能性もあります。

部品もサイズ、色、特徴などが部品ごとに異なります。ばらつきが幅広く、溶接の合否区別が難しいことから、ルールベースのマシンビジョンでは非現実的です。

製品見積り

ユーザーは、コグネックスのディープラーニング欠陥検出ツールを使い、適切にスポット溶接された接続の幅広い情報を登録し、正常な部品の完全なバリエーションを学ばせます。ツールがスポット溶接をスキャンして分析し、誤判断を最小限に抑えながら、許容範囲外の欠陥にフラグを立てます。

コグネックスのディープラーニング分類ツールを使えば、ラベル付けされた溶接欠陥を登録し、形状不良、ブロー成形の欠陥、亀裂、焼け、表面汚染など、特定の欠陥タイプを分類できます。分類された欠陥は、上流のプロセス制御に使用され、下流の欠陥を最小限に抑えることができます。

注目のコグネックス製品

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...