エレクトロニクス

ボタン電池の外観検査

電池の溶接およびその他の外観不良を幅広く検出

Button Battery Cosmetic Inspection

関連製品

In-Sight D900

In-Sight D900

ディープラーニング採用 In-Sight ViDi 画像処理ソフトウェア搭載

ViDi software with all defect detection tools

VisionPro Deep Learning

A breakthrough in complex inspection, part location, classification, and OCR

ボタン(またはコイン)電池や円筒型電池は、電極と電解質を含む筐体にキャップを溶接することによって密封されています。電池の内容物への損傷を避けるため、一般的にはレーザーや抵抗溶接などの低熱方式が使用されますが、キャップシールを確実に固定する精度が求められます。誤差の余地はほとんどありません。欠陥は電解質の漏れや性能の低下を招く可能性があります。

溶接欠陥は周囲のあらゆる箇所で発生し、外観が大きく異なる可能性があります。へこみ、傷、およびその他の欠陥は、電池本体のどこにでも現れます。溶接と外観の欠陥のいずれも、セル電池の反射面において識別が困難となる場合があります。これらすべてにおいて、従来のマシンビジョンでは、ボタン電池における幅広い欠陥を正確に検出することが困難です。

さらに、これらの電池は大量産であり、欠陥が小さく、見つけにくいため、手動検査にも同様の課題があります。

製品見積り

電池の溶接欠陥を特定するため、コグネックスのディープラーニングを採用している欠陥検出ツールには、許容範囲内の外観レベル含む正常な部品の全バリエーションを学ぶため、適切にシールされた電池の幅広い情報が登録されています。その後、電池のキャップをキャンして分析し、純粋な外観不良の誤判断を最小限に抑えながら、許容範囲外の溶接にフラグを立てます。

注目のコグネックス製品

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...