エレクトロニクス

編組線接続検査

複雑な編組/撚線電気接続を確認する

電気部品の編組線を検査するビジョンシステム

関連製品

VisionPro ViDi Software inspecting computer mouse on monitor

VisionPro Deep Learning

ディープラーニング採用の工業用画像解析向けグラフィカルプログラミング環境

In-Sight D900

In-Sight D900

ディープラーニング採用 In-Sight ViDi 画像処理ソフトウェア搭載

電気自動車 (EV) バッテリーなどの高電圧ワイヤ接続は、外部コネクタなしで 2 本の編組銅線またはケーブルをねじり合わせて、ストランド間に緊密な物理的および電気的接触を作り出すことによって作られています。

サブコンポーネントのアセンブリ検査では、ワイヤが相互に効果的な電気的接続を確保できるように、ワイヤをねじり合わせているかを確認する必要があります。接続不良は、電流の低下、電流漏れや過熱による安全上の危険、接続障害などの原因となり、完成品のリワークや顧客の返品につながる可能性があります。

編組線は複雑で、質感があり、視覚的に予測不能である他にも、反射したり、複雑な背景と共に表示されることがあります。従来のマシンビジョンは、ワイヤの編組と配線の接続のパターンを確実に区別することができず、すべての可能性をプログラムすることは不可能でした。

コグネックスのディープラーニングは、複雑でばらつきのある編組ワイヤの欠陥を簡単に検査できます。機能テストの結果に基づいて、正常と異常にマークされた接続の画像セットで登録します。分類ツールで、複雑な背景は除外しながら、機能不全の接続から正常状態の接続を区別するための基準を学習します。登録と学習が完了すると、他の検査方法より高い精度で検査できるようになります。複雑で時間のかかる直悦テストは必要ありません。

注目のコグネックス製品

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...