エレクトロニクス

電池シーリングピン溶接検査

シールピンの配置と溶接が適切で、欠陥がないことを確認

Battery Sealing Pin Welding Inspection

関連製品

In-Sight D900

In-Sight D900

ディープラーニング採用 In-Sight ViDi 画像処理ソフトウェア搭載

VisionPro ViDi Product Tile

VisionPro Deep Learning

ディープラーニング採用の工業用画像解析向けグラフィカルプログラミング環境

電池セルが密封されると、キャップの小さな穴を通して液体電解質が充填されます。充填が完了すると、穴はシーリングピンまたはカバーキャップで覆われ、所定の位置を溶接して固定されます。

これまでシーリングピンの配置が適切かどうかは、レーザーまたは他の三次元変位センサで高さを判断して確認されてきました。しかし、溶接に生じるへこみ、焼け、ピンホール、割れなどの欠陥は、欠陥の可能性が幅広く、電池キャップの背景が反射することから、従来のマシンビジョンでは検出が困難でした。

製品見積り

溶接完了後、コグネックスのディープラーニング欠陥検出ツールは、シーリングピン溶接部の幅広い潜在的な欠陥を特定できます。ディープラーニングアプリケーションは、適切に密閉された電池の幅広い範囲で登録し、許容レベルの外観欠陥、照明の明るさ、影を含む、正常な部品の完全なバリエーションを学習します。

生産ライン上で、コグネックスのディープラーニングが分析し、純粋な外観不良の誤判断を最小限に抑えながら、許容範囲外のシーリングピン溶接にフラグを立てます。

ユーザーは検出された欠陥をコグネックスの分類ツールに渡すことができます。分類ツールは、ラベル付けされた溶接欠陥および配置欠陥を幅広い範囲で登録し、それらを適切に識別できるようにします。実行時に、分類データを使用して、検出された欠陥のタイプに対して上流で修正アクションを実行します。

お客様のニーズに応じて、コグネックスの三次元レーザー変位センサ DSMax は、サードパーティ製ソフトウェアを必要とせずに検査プロセスに簡単に統合できます。コグネックスのディープラーニングと DSMax を併用すれば、シーリングピンと溶接の完全検査を実施して、欠陥のない適切な溶接と配置が実現します。

注目のコグネックス製品

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...