エレクトロニクス

トレーサビリティー、ブランド保護および工程管理

Traceability and Process Control

医療機器など特定の電子機器メーカーは、サプライチェーンの各経路を明らかにする情報システムを設置しなければなりません。製品の安全と効率的なリコールのため、生産者はサプライチェーンにおいて消費者に危険を及ぼす可能性のある不良品を素早く特定できなければなりません。

このようなシステム実現のため、多くの企業はシンプルで確実なトレーサビリティーシステムの主要コンポーネントとして、二次元コード、画像処理システムおよび画像ベースのバーコードリーダを導入しています。製品に関するメーカー名、製品ID、ロット番号、賞味期限および固有のシリアル番号まで、多くの情報を保存できるデータマトリックスコードは、これまでに多くのアプリケーションに標準として採用されています。

ブランドイメージの保護

販売店舗でサプライチェーンのセキュリティおよび製品認証に使われるシリアル番号の集合体は、これを用いて不正な製品の偽造、転用、販売を防ぐことができます。

これらのアプリケーションには、通常、全てのパッケージに対して製品レベルのシリアル番号照合を行うため、データマトリックスが標準として導入されてきました。

搬送と物流の効率性と柔軟性、製品の品質と歩留り、パッケージの安全性と整合性などを向上させる事に加えて、マシンビジョンを製造工程に導入することで、不良品の削減、生産性の向上、品質管理、さらにはこれらを通じてブランドイメージの強化につながります。

たとえば、画像処理システムは色や形状で品物を仕分けます。これにより、欠陥の検出、正しい組み立ての確認、リール部品の計数、ピック&プレースのロボット位置決め、パレタイジング作業など、製造およびパッケージングにおける製造設備の柔軟性を改善する用途で役立ちます。
 

工程管理とサプライチェーン管理

トレーサビリティーシステムの精度が高くなれば、問題の特定と対処が早くなります。トレーサビリティー:

  • 仕掛かりの管理を向上
  • 在庫削減
  • 生産ツールの稼働可能性と実稼働率を最適化
  • 非正規製品の流通を最小限に抑える

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ