エレクトロニクス

カメラモジュール表面検査

カメラレンズに表面欠陥がないことを確認する

Camera Module Surface Inspection

関連製品

In-Sight D900

In-Sight D900

ディープラーニング採用 In-Sight ViDi 画像処理ソフトウェア搭載

ViDi software with all defect detection tools

VisionPro Deep Learning

A breakthrough in complex inspection, part location, classification, and OCR

カメラモジュールをモバイルデバイスに取り付ける前に、その表面を検査して、レンズに異物、傷、汚れ、ほこりがないことを確認する必要があります。

欠陥によって、外観が大きく異なります。指紋の汚れは、レンズコーティングの下に閉じ込められたほこり粒子とは全く異なって見え、どちらもガラス表面の傷のようには見えなくなります。さらに、レンズの反射面とレンズの下にある部品の屈折画像は、実際とは異なり、望ましくない異常として見える可能性があります。このようなバックグラウンド異常と真の欠陥を区別するには、多くの場合、手動検査が必要ですが、これは時間と費用がかかり、一貫性がありません。また、従来のルールベースのマシンビジョンシステムも、このような広範囲にわたる欠陥を一貫して特定するようプログラムすることは容易ではありません。

製品見積り

コグネックスのディープラーニング欠陥検出ツールを使い、欠陥のないレンズの画像を幅広く登録し、正常な状態を幅広い範囲で学習します。教師なしモードでは、レンズを順次スキャンして分析し、誤判断を最小限に抑えながら、許容範囲外の欠陥にフラグを立てます。

レンズの欠陥は、ほこりやその他の粒子による汚染、油や指紋による汚れ、内部コンポーネントの不整列など、特定の原因に起因する特定の特性を有する傾向があります。特定の種類の欠陥を特定する必要があるユーザー、または欠陥のサイズを正確に測定する必要があるユーザーは、教師ありモードを使用できます。このモードでは、ユーザーは、良品と不良品の両方を登録し、欠陥領域を分かりやすく強調して、欠陥のタイプ(傷、汚れ、汚染など)でラベル付けします。

この情報は、上流のプロセス制御に使用できます。特定のタイプの傷は、マシンの位置がずれているか、製造工程での空気の流れが悪いために繊維が堆積する可能性があります。問題の根本原因を特定することで、製造元は迅速に修正措置を講じ、不良品の生産を最小限に抑えることができます。

注目のコグネックス製品

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...