民生品

歯ブラシ検査

歯ブラシヘッドの毛の問題を特定

コンベア上で検査される電動歯ブラシヘッド

関連製品

In-Sight D900

In-Sight D900

ディープラーニング採用 In-Sight ViDi 画像処理ソフトウェア搭載

VisionPro ViDi Software inspecting computer mouse on monitor

VisionPro Deep Learning

ディープラーニング採用の工業用画像解析向けグラフィカルプログラミング環境

歯ブラシヘッドを製では、ナイロン毛やフィラメントの束を半分に曲げ、ヘッドの穴に挿入し、金属ステープルリングで所定の位置に固定します。ブラシの設計と用途に応じて、毛の直径、断面、および色が異なります。ブラシ部分の取り付けが終わると、歯ブラシヘッド検査で、適切な配置、密度、および色を確認してからトリミングされ、先端が決められた形状に成形されます。

多くの消費者向け製品と同様に、歯ブラシヘッドの剛性断面、密度、色の範囲は大幅に増加しています。歯ブラシは口の中に入れるものであるため、小さな欠陥さえも許されません。欠陥の予想は非常に難しく、その範囲は非常に広いため、従来のマシンビジョンでそれらをすべて検出するプログラムを作ることは容易ではありません。

コグネックスのディープラーニングは、歯ブラシのモデル別に毛の形、密度、色の組み合わせに対して許容可能なヘッドの一連のサンプル画像を登録します。歯ブラシの毛先検査では、欠陥検出ツールが検査対象の歯ブラシヘッドの異常に注意し、欠陥品が次の処理や包装に送られないよう排除します。新しいデザインの場合は、新しい画像を登録するだけなので、数分で行えます。

注目のコグネックス製品

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...