消費財

プラスチック噴射成形部品の検査

小さなプラスチック部品の構造と外観の欠陥検査

プラスチック噴射成形部品の欠陥を特定するビジョンシステム

関連製品

VisionPro ViDi Product Tile

VisionPro Deep Learning

ディープラーニング採用の工業用画像解析向けグラフィカルプログラミング環境

In-Sight D900

In-Sight D900

ディープラーニング採用 In-Sight ViDi 画像処理ソフトウェア搭載

小さなプラスチック部品でも複雑な表面やくぼみがあり、それらは他の部品とぴったりと合う必要があります。ひけマーク、ワーピング、ショートショット、フラッシュは、プラスチック部品の機能に影響を与える欠陥です。

その他の欠陥は、純粋に外観の欠陥であるため、機能には影響を及ぼさないものの、消費財の見える場所にあれば、販売においてマイナスの影響を及ぼします。外観の欠陥には、傷、線、焼け跡、くぼみ、変色などがあります。

これらの欠陥を前工程で見つけておくことにより、後のアセンブリ工程に影響を与えなくなり、完全に組み立てられた部品を廃棄する必要もなくなります。狭い場所にあるこれらの小さな部品に照明を当てるのは非常に難しいことであり、それが金型成形された、反射性、波状、複雑な表面形状などの条件が加わると特に難しく、従来のマシンビジョンでは、特に高速生産ラインでプラスチック成形部品を正確に検査することが困難でした。

コグネックスのディープラーニングは、サブコンポーネントアセンブリの外観検査に最適です。欠陥検出ツールには、正常なプラスチック部品の画像が登録されています。次に欠陥検出ツールは、登録された画像とは異なる異常な部品を特定し、機能的な欠陥と外観の欠陥の両方を検出します。

最終アセンブリ後にコンポートが見える場合は、小さな色のばらつきなどの外観の欠陥を受け入れます。欠陥検出ツールにこのようなばらつきの画像を追加登録して、次回から異常としないようにします。最終アセンブリで欠陥定義が変更され、その後の販売が分析された場合、欠陥検出ツールは、許容範囲が異なる新たな画像セットを迅速に再登録します。

 

プラスチック噴射成形部品 - その他の例

 

注目のコグネックス製品

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...