ベルトコンベヤ上の消費財ボトル

消費財

化粧品容器の異物検査

化粧品にどんな小さな混入も許さない

製品がコンベアシステムを流れる中、オーバーヘッドビジョンシステムが空の化粧品容器の中身の異物を検査。

関連製品

VisionPro ViDi Software inspecting computer mouse on monitor

VisionPro Deep Learning

ディープラーニング採用の工業用画像解析向けグラフィカルプログラミング環境

In-Sight D900

In-Sight D900

ディープラーニング採用In-Sight ViDi画像処理ソフトウェア搭載

美容クリームや保湿剤向けの化粧品の瓶は充填前に内側を検査する必要があります。 小さなほこり、繊維の破片、昆虫や昆虫の一部など、様々な異物混入があり得ます。完全な空気清浄能力に限界のある製造施設では特にこの点が当てはまります。

化粧品やその他美容製品は価値の高い個人向け製品です。最高の製品を届けるだけではなく、化粧品会社は高品質なブランド包装によっても差別化を図っています。

何か異物混入があれば消費者には大きなマイナスの影響となり、そのブランドからもう一度買わないという判断に至る可能性もあります。また、リコールやソーシャルメディアでのブランドを傷つける画像の拡散にもつながります。しかし、化粧品の瓶を1つ1つ手作業で検査するのは費用が掛かります。既存の画像処理では混入物や汚染を見逃すことが多くあり、特に産業用照明が瓶に反射する場合、暗い色調の瓶の表面では許容範囲が広がり間違って合格させてしまうこともあります。欠陥や混入は瓶の内部表面のあらゆる場所で起こり得ます。瓶を充填してしまうと、消費者が見つけるまでは異物はわからなくなってしまいます。

コグネックスのディープラーニングベースのテクノロジとツールを備えたCognex High Dynamic Range Plus(HDR+)アルゴリズムを利用すると、化粧品の瓶や色調の暗いその他の容器のわずかな混入も簡単に検出することができます。HDR+を備えたコグネックスのビジョンシステムには、既存のセンサより16倍も詳細な画像を創出できるセンサが搭載されています。HDR+は、様々な明るさの対象物の検査を取り扱うことができ、暗いエリアでも明るいエリアでも詳細を明らかにします。画像品質とコントラストの両方が改善したことで、非常にわずかな混入でも検出しやすくなりました。

コグネックスのディープラーニングベースのテクノロジには、許容される化粧品瓶についてHDR+最新画像を学習させることができます。その後、この欠陥検出ツールを使うと瓶内部のあらゆる異常(混入、ひび、瓶そのものの問題)を検知し、一方では見かけ上不完全な瓶であっても充填後に外観や機能に影響を与えないものは合格させます。

メリット

  • 化粧品容器の望ましくない混入を検出する
  • 完全な品質管理を徹底する
  • 消費者の不満を防ぐ

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ