消費財

電話ケース OCR コード読み取り

噴射成形されたプラスチック上の光学式文字認識

携帯電話ケースの OCR コード読み取り結果

関連製品

VisionPro ViDi Software inspecting computer mouse on monitor

VisionPro Deep Learning

ディープラーニング採用の工業用画像解析向けグラフィカルプログラミング環境

In-Sight D900

In-Sight D900

ディープラーニング採用 In-Sight ViDi 画像処理ソフトウェア搭載

現在のサプライチェーンでは、部品を個別に追跡する能力の重要性が高まっています。電話ケースなど、噴射成形された製品の整合性を確認するシンプルな方法は、製造時に日付やロット情報を人間が読める形にして刻印することです。そのコードは、在庫、偽造品防止、さらには後で製品に不具合が発生した場合の原因特定に役立ちます。刻印された文字が読めなければ追跡機能が働かないため、サプライチェーンの透明性が低下します。

刻印文字はダイレクトパーツマーキング (DPM) と呼ばれ、ケース本体と同じ材料で作られます。コントラストが低くケースの内側に型押しされます。成形のばらつきとは、刻印文字に反射や陰影ができることを意味します。噴射成形で小さな欠陥ができると、文字の一部が欠けたり、変形する可能性があります。照明の角度が少し異なるだけでも、文字の見え方が変わる可能性があります。

このような問題はすべて、従来のマシンビジョン OCR テクノロジで文字を読み取る際の精度に影響を及ぼします。

コグネックスのディープラーニングは、高速移動する生産ラインで刻印された OCR コードを正確に読み取ります。ディープラーニングを採用した OCR ツールは、フォントライブラリがプリセットされているため、セットアップと展開が簡単です。電話ケースに刻印された文字の画像にラベルを付けて登録します。OCR ツールに文字が登録されると、予測できない形成時の欠陥や照明の角度が異なる場合でも、複雑なケースの背景に対して各文字が特定されます。

ケースの材料に新しい素材が採用された場合や、文字の位置が変更された場合でも、新しくラベル付けされた画像を登録するだけで、OCR ツールは新しい文字を特定して読み取ることができます。

注目のコグネックス製品

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...