ベルトコンベヤ上の消費財ボトル

消費財

家庭用紙製品の体積測定

家庭用紙製品のロールに使われる原材料の過剰利用を検出

ビジョンシステムが体積測定のためにトイレットペーパーのロールの三次元画像を取り込む

関連製品

In-Sight 3D-L4000ビジョンシステムは、男性の左手で優しくつかみます。

In-Sight 3D-L4000

オールインワンタイプのソリューションで二次元同様に簡単になった三次元検査アプリケーション

VisionPro software on angled monitor

Vision Software

The power and flexibility to solve challenging machine vision applications in a PC environment

トイレットペーパー、ペーパータオルといったロール状の消費者向け紙製品は柔らかく型崩れしやすいものです。メーカーとしては無駄を避けるために、各ロールに指定された通り完全に同じ分量の原材料が使われていてほしいと考えます。各ロールに1枚ずつ余分な紙が追加されるというシステム上の差が起きて検出されなければ、長期的に膨大な経費が追加されることになります。 このような問題は芯のない紙製品の出現で悪化しています。新しい種類の機械は芯がなくてもティッシュを巻くことができるため、芯なし製品には中心に固い段ボールの芯がありません。芯によって製品を均質にするために必要な硬さが作られるため、ロールの寸法の差異はより大きくなる可能性があります。 このように柔らかい素材のものをジグやゲージで寸法測定しても信頼性は低くなります。ロールのサイズが違っている場合に最も簡単に検出する方法は、視覚的な検査です。しかし、同じ分量の材料を使ったロールでも様々な寸法となるため、視覚的な検査は困難です。

コグネックスには複数の二次元と三次元の画像処理システムがあり、柔らかい製品であっても正確に視覚的な測定をすることができます。形状のばらつきによってロールに使われる紙の量の大きな差が分かりにくいといった難しい用途においては、三次元ソリューションが最適です。

Cognex In-Sight 3D-L4000ビジョンシステムは、二次元のビジョンシステムと同じぐらい簡単なものですが、高度な三次元ビジョンツールを備えた三次元レーザー変位テクノロジによって、様々の角度を変えながらあらゆる方向からロールを正確に測定することができます。その際、物理的に接触することで型崩れしてしまう可能性もありません。その後、この三次元ビジョンツールはロールの体積と含まれる紙の量を正確に計算します。

メリット

  • ロールに触れずに紙ロールの体積を正確に測定する
  • 効率的な紙利用で資金を節約する

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ