消費財

自動ネジ山検査

ネジ山に触れることなく内側と外側を検査

ネジ山の不良を検査するビジョンシステム

関連製品

VisionPro ViDi Product Tile

VisionPro Deep Learning

ディープラーニング採用の工業用画像解析向けグラフィカルプログラミング環境

In-Sight D900

In-Sight D900

ディープラーニング採用 In-Sight ViDi 画像処理ソフトウェア搭載

ネジ山は一般的に工場で製造されます。自動車、石油・ガス、医療、航空宇宙、消費財、その他幅広い産業で、パイプ、ボルト、ボトル、その他の製造品に使われます。ネジ山の存在と品質の監視は、通常、機械的ゲージを使用したサンプルの接触検査によって行われています。その他にもロータリーコネクタ計測などの接触技術が、マニュアル測定を補足または置き換えています。

従来のマシンビジョンシステムは、ネジ山の有無検査に使用され、ピッチ径やその他の指標の判断が改善されています。しかし、それらは接触測定技術としては遅く、信頼性が低いため、高速処理を必要とするアプリケーションではあまり使用されません。

ネジ山が、スレッドフィットと呼ばれる指定された許容値を満たしていないと、アタッチメントの故障、流体の漏れ、ずれ、振動、その他のさまざまな機能上の問題が発生する可能性があり、その一部は微妙で診断が難しくなります。

コグネックスのディープラーニングは、ネジ山を正確に検査し、正確な仕様を確実に準拠しています。欠陥検出ツールは、正常な部品の画像セットから許容範囲内の外側および内側のネジ山の外観を学習します。ネジ山は360度回転するため、欠陥検出ツールはネジ山の欠陥、焼け、欠け、不適切なピッチ、深さ、直径など、様々な異常を即座に検出します。

部品が次のアセンブリ工程に進む前にエラーが発見されることにより、最終アセンブリでの不適切なネジ接続がなくなります。

注目のコグネックス製品

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...