家電

VGR によるマシンテンディング

ビジョン誘導ロボットは、パネル生産やラミネーションをスタンドアロンのマシンティンディングの複雑なアライメントを実現します

Related Products

VisionPro マシンビジョンソフトウェア

読み取りが難しい二次元および三次元画像処理アプリケーションを素早くセットアップして実装できるようユーザーをサポートします。

2D Machine Vision Systems Insight 7000 and hand holding In-Sight 9000

In-Sight ® 画像処理システムは

検査、識別、位置決めする能力に非常に優れています。

OEM 企業は、トレイで運ばれて来るパーツをマシンのテストネストにロードし、さらにコンベヤにアンロードするマシンテンディングに依存しています。ローティングは専用の自動送り装置を持ったスタンドアロンステーションでロボットによって行われることがよくあります。ロボットが装備されたスタンドアロンステーションは、コンベヤ上を移動するパーツを見つけ、正確に選び取り、ネストに配置するできなければなりません。

トレイ内やテストネスト位置にあるパーツのポーズに基づいてロボットのグリッパーを誘導することは困難な場合があります。ロボットアームをパーツの位置に誘導することは、キャリブレーションにとっての課題であり、グリッパーをパーツに揃えることも同様です。場合によっては、グリッパーのプロセスがスリップやグリッパーのエラーを引き起こします。パーツが選び取られても、配置の課題は引き続き存在し、正確に配置する必要があります。ビジョン誘導ロボットによるマシンテンディングは、OLED パネル生産時に特に重要です。

コグネックスは、ビジョン誘導ロボット (VGR) — 自動ハンドアイキャリブレーションを装備した独創的なシングルカメラのガイダンスソリューションにより、OLED ディスプレイ製造のマシンテンディングの課題を解決します。VGR はパーツとテストネストの両方の特徴の位置を抽出し、さらに特徴の位置をコグネックス自動キャリブレーションと組み合わせて、パーツを正確にロードおよびアンロードします。コグネックスの PatMax テクノロジと閉ループアライメントは、機械的な取付具の必要性を除去し、ロボットの精度不足を補正します。

OLED パネル生産

  • コグネックスのビジョン誘導ロボットはガラスの基材をロードし、完成したパネルをアンロードします

ラミネーション 

  • コグネックスのビジョン誘導ロボットは、プログラミングとテストのために OLED ディスプレイパネルをトレイから試験装置にロードします。 

コグネックスのアプリケーションソリューションに関する問い合わせ先:

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ