家電

ポストアセンブリ検証

マシンビジョンで、モバイルデバイスのコンポーネントが正しく取り付けられ、品質パラメータが適切であることを確認

関連製品

DataMan 470 シリーズ

固定式バーコードリーダは、複雑な高スループットな製造および物流アプリケーションの課題を簡単に解決します。

DataMan 50/60 シリーズ

柔軟な光学装置、簡単な設定、素早い設置など、業界をリードする性能を提供する固定型バーコードリーダ。

デバイスアセンブリの最終手順では、高い精度のポストアセンブリ検証で以下を測定します。

  • 接着剤/テープの塗布量と位置
  • コンポーネントとディスプレイ間の隙間
  • 挿入したネジの深さ
  • ディスプレイの張り合わせレベル
  • ディスプレイの隙間測定
  • 組み立てたボタンの高さチェック

この段階では、ディスプレイの隙間測定、接着剤の量の確認、ハウジングの品質検査は共通の手順です。このポストアセンブリ検証では、複数の測定装置のデータを統合する必要があり、データのキャリブレーションには時間がかかるため、有能な技術者が必要です。


コグネックスの二次元および三次元キャリブレーションテクノロジは、最終アセンブリに必要な時間を数時間から数分に短縮します。通常、有能なオペレータが数時間かけて手作業で調整する手順も、少し覚えるだけで数分で完了します。測定、量、隙間の確認では、複数のセンサーを使用して、モジュールのあらゆる側面を高解像度でキャプチャします。
注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ