自動車

ホイールファスナーの検査

異なる特徴を比較して間違った判断を排除する画像処理センサ

Wheel Fastener Inspection

関連製品

In-Sight 2000

In-Sight ビジョンシステムのパワーに使いやすさとお手頃な価格を兼ね備えたビジョンセンサ

In-Sight Micro 8000 シリーズ

スペースに限界のあるアプリケーションに最適な超コンパクトなビジョンシステム

自動車のホイールファスナーにナットが正しく設置されているか確認するために検査する必要があります。良品は内径にしっかりねじ締めされている一方で、不良品は締め具合が緩くなっています。これまでこのような用途には渦電流センサ技術が使われていました。しかし、渦電流センサでは、ねじの締め具合の小さな違いを検知できないという課題が生じます。ねじ締めが緩い部品を検出するには、渦電流センサの感度を上げる必要があります。この設定にすると、良品も大量に却下され、保管されてしまうという意図しない悪影響が生じます。たとえ偽陽性率が 0.5% であったとしても、8万個の部品を処理すると、400個が却下されてしまいます。

適切な検査技術

ホイールファスナー検査に適した画像処理検査技術を採用した新世代の画像処理システムが開発されました。Cognex® Checker® 画像処理センサは、良品がどのような外観であるかを理解する能力があり、合否判定に必要な様々な特徴を比較することができます。Cognex Checker は非常に小型ですが、厳しい工場の条件に耐えるのに十分な照明とレンズを内蔵しています。

Checker 画像処理センサは、部品の位置を判別し、ナットの開き具合の明るさを渦電流センサで評価した特定のポイントと比較して判断します。Checker で検査できる範囲は広く、部品の外観のばらつきに対応できるため、不適切な合否判断をなくすことができます。つまり、その仕分け費用が不要になることにより、新しいビジョンセンサの購入が可能です。画像処理センサは、悪品が納品される予防にもなるため、信頼性も高まります。

コグネックスのアプリケーションソリューションに関する問い合わせ先:

注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ