自動車

シートベルトファブリックの検査

シートベルトの安全性と欠陥やその他の異常がないことを確認

ディープラーニングは、生産ラインで検査されるシートベルトファブリックの縫い目の欠陥を見つけます。

関連製品

VisionPro ViDi Software inspecting computer mouse on monitor

VisionPro Deep Learning

ディープラーニング採用の工業用画像解析向けグラフィカルプログラミング環境

In-Sight D900

In-Sight D900

ディープラーニング採用 In-Sight ViDi 画像処理ソフトウェア搭載

自動車用シートベルトと安全ハーネスは、ウェビングと呼ばれる強力なポリエステル生地から作られています。それらは車両の安全装置の重要な部分です。シートベルトウェビングは、アンカーブラケットやバックルなどのハードウェアのさまざまな部分に強く縫い付けられています。欠陥のないウェビングとステッチは、完成したシートベルトやハーネスの安全性と信頼性にとって重要です。

ファブリックまたはステッチの欠陥は安全上許されません。後の検査でエラーが明らかになった場合、車両をラインから外し、新しいシートベルトと安全ハーネスを取り付け直す必要があります。

ウェビングのファブリックと、それをハードウェアに取り付けるステッチの両方が複雑で、外観が大きく異なります。ファブリックやステッチのエラーは、あらゆるところに、さまざまな形で現れます。すべての可能性をプログラミングすることは不可能なため、従来のマシンビジョンはこの作業に適していません。

コグネックスのディープラーニングは、シートベルトファブリックの異常を迅速かつ簡単に検出します。正常なウェビングとステッチの画像を登録します。欠陥検出ツールは、それを使ってウェビングの織りやステッチのパターンと糸のエラーを即座に検出します。新しいウェビングまたはステッチのデザインが導入されると、ツールは、その新しいデザインの画像を登録するだけで、大幅なダウンタイムを発生させることなく、それが正常な画像であることを学習します。

取り付けられたシートベルトおよびハーネスには、衝突で強度を損なう可能性を秘めた微妙なファブリックやステッチの欠陥はありません。

注目のコグネックス製品

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...