自動車

前後パークアシストセンサの色分類

ディープラーニングソリューションで正しい色の FPA/RPA センサの取り付けを確認

The In-Sight D900 classifies front and rear park assist sensors by color to ensure they properly match the bumper color

関連製品

In-Sight D900

In-Sight D900

ディープラーニング採用 In-Sight ViDi 画像処理ソフトウェア搭載

VisionPro ViDi Product Tile

VisionPro Deep Learning

ディープラーニング採用の工業用画像解析向けグラフィカルプログラミング環境

新車の前後のバンパーには、4~12個のパークアシスト (FPA/RPA) の超音波センサがフロントまたはリアに埋め込まれています。これらのセンサは、美観を考慮してバンパーの色に合わせてさまざまな色合いで製造されます。現代の自動車塗料は、様々な光散乱粒子やメタリックフレクを含めたり、色がグラデーションしたり、さまざまな陰影が表現できるようになっています。

赤、緑、青 (RGB) または色相、彩度、強度 (HSI) の値は、角度と方向で変化します。そのため、特定のバンパーカラーに正確に一致するように広い色目録から正しいセンサカラーを選ぶことは困難な問題となっています。誤ったセンサをインストールすると、エンドユーザーに拒否される可能性があります。センサは、指定されたモデルをインストールできるように、バンパーカラーに迅速かつ正確に一致する必要があります。

製品見積り

これらすべての変化と重複を考慮するとなると、ルールベースのマシンビジョンでは、正しいセンサと塗料の組み合わせを決めるのは容易ではありません。色が重なり合うところでは、人の目でも色の違いをさまざまに解釈します。

コグネックスのディープラーニングは、さまざまな角度と回転で撮影された数多くの画像を登録し、分類ツールで確実に塗料の色を区別します。そして、コグネックスのディープラーニングで画像全体に対して、すべてのバリエーション、反射、屈折、粒度、および陰影を適切に評価し、最適な色を選びます。

コグネックスのアプリケーションソリューションに関する問い合わせ先:

注目のコグネックス製品

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...