自動車

シーム溶接の検査

ViDi Red-検査ツールおよびGreen-分類ツールによって、シーム溶接の自動検査と分類を簡略化

Piston_Weld_Main-350x250-a5278270-39d1-45ae-b01a-1143147e2d79

関連製品

VisionPro ViDi

複雑な検査、部品検出、分類、OCR の進歩

VisionPro マシンビジョンソフトウェア

読み取りが難しい二次元および三次元画像処理アプリケーションを素早くセットアップして実装できるようユーザーをサポートします。

Cognex ViDiはピストンなどの重要なパワートレインコンポーネントの完全性を検査します。この種のコンポーネントは表面形状が複雑で、従来のマシンビジョンによる検査が困難です。さらに、ピストンの溶接線は非常にばらつきがあり、異常があっても判別が困難です。溶接漏れ、溶接過多/不足など、溶接部分の異常は排除する必要がありますが、一方で、オーバーラップしている溶接部分などは安全上の理由により必要なものです。画像に暗い部分があると、さらに判定が困難になります。潜在的に傷が多く、照明が不十分な環境でも、ディープラーニングベースの解析により、従来のマシンビジョン検査に代わる簡単かつ確実な検査が可能になります。

Cognex ViDiによって、金属性のピストンの溶接線を簡単に自動検査することができます。技術者はRed-検査ツールを教師あり学習モードで使用することで、すべての溶接異常を示す「不良」画像(溶接線がオーバーラップしている場合を含む)と異常のない「良」画像サンプルについてソフトウェアをトレーニングします。検査の第1段階では、この方法により合格および不合格とすべきものの両方を含む、すべての異常を欠陥として識別します。検査の第2段階で、技術者はViDi Green-分類ツールを使用することで、溶接部分の欠陥をタイプ別に分類します。教師あり学習モードで作成したモデルに基づき、ソフトウェアは特定の欠陥に関する情報を抽出し、オーバーラップしている溶接線を別のクラスに分類します。Red-検査ツールとGreen-分類ツールを一緒に使用することで、自動車メーカーは検査システムにすべての溶接線を識別させるだけでなく、オーバーラップしている溶接線を正しく分類させることができます。この情報に基づき、メーカーはオーバーラップしている溶接線だけを合格品として選択して使用することができます。

 

Piston_Weld_ViDi

 

ディープラーニングベースの自動車業界向けアプリケーションガイドのダウンロード

コグネックスのアプリケーションソリューションに関する問い合わせ先:

注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ