自動車

スパークプラグの検出と計数

トレイ上の自動車部品を特定して計数

スパークプラグ検出

関連製品

In-Sight D900

In-Sight D900

ディープラーニング採用 In-Sight ViDi 画像処理ソフトウェア搭載

VisionPro ViDi Product Tile

VisionPro Deep Learning

ディープラーニング採用の工業用画像解析向けグラフィカルプログラミング環境

ほとんどの自動車メーカーは現在、相手先商標製品製造 (OEM) でさまざまなサプライヤーのスパークプラグを使用しています。スパークプラグブランドが所定の自動車モデルに対して工場承認されると、他社の製品と同様に使用されます。ある日、あるブランドのスパークプラグが自動車に取り付けられ、の1つのブランドを設置し、別の日には別のブランドが取り付けられることになります。同時に、さまざまな自動車モデルに対して各種スパークプラグが絶えず提供されているため、それぞれを特定して追跡する必要があります。

スパークプラグは広いトレイに入れられて届くため、部品を正確に検出して計数することは容易ではありません。広視野レンズを通してみるスパークプラグは、中央と端では角度が異なるため、異なって見えます。トレイ自体も色や質感が異なる場合があります。

従来のマシンビジョンでは、部品がカメラに対して様々な角度で表示されるため、ルールベースのビジョン技術で確実に識別し、計数することが難しく、スパークプラグの自動計数が困難でした。これにより、部品不足による生産ラインの問題が発生する可能性があります。

コグネックスのディープラーニングを採用する部品検索ツールは、さまざまなスパークプラグのブランドとタイプを代表するトレイのサンプル画像を登録し、さまざまな色の背景に対して、さまざまな角度からさまざまなスパークプラグを識別して計数する方法を瞬時に学びます。スパークプラグの検出と計数処理が完了したら、在庫として保管され、適切な車両のシリンダーヘッドに取り付けられる準備が整えられます。

注目のコグネックス製品

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...