自動車

RTV 接着剤のビードシールの検査

自動RTV検査でシールの完全性を確認

関連製品

2D Machine Vision Systems Insight 7000 and hand holding In-Sight 9000

In-Sight ® 画像処理システムは

検査、識別、位置決めする能力に非常に優れています。

In-Sight 2000

In-Sight ビジョンシステムのパワーに使いやすさとお手頃な価格を兼ね備えたビジョンセンサ

室温加硫 (RTV) シリコンは、2つの表面の間を密閉するために使用されるゴムの一種で、エンジン内の圧縮時に漏れを防ぐものです。オイルや冷却材の漏れを防ぎ、リコールの可能性を最小限に抑えるには、適量の RTV を均一に塗布することが極めて重要です。RTV の目視検査は、適量に塗布されているかを正確に確認できるとは限りません。

コグネックスのマシンビジョンシステムは、RTV 接着剤のビード検査に柔軟に対応します。二次元ビジョンシステムは、部品表面の接着剤ビードの位置を正確に検出し、ギャップを特定して、その幅と高さを正確に測定します。または、三次レーザー変位センサを固定位置のロボットに取り付け、エンジンブロックの周辺の RTV ビードの量を計算し、適量の RTV が塗布されていることを確認します。シールの完全性の検査を自動化することにより、莫大な損失が発生するエンジンリコールを防ぐことができます。

コグネックスのアプリケーションソリューションに関する問い合わせ先:

注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ