自動車

POPP クランプ検査

すべてのスプリングバンドクランプの適切な配置と取り付け確認

POPP クランプ

関連製品

In-Sight D900

In-Sight D900

ディープラーニング採用 In-Sight ViDi 画像処理ソフトウェア搭載

ViDi software with all defect detection tools

VisionPro Deep Learning

A breakthrough in complex inspection, part location, classification, and OCR

POPP (Pre-Opened Pre-Positioned) クランプまたはスプリングバンドクランプは、自動車で一般的なホースクランプのタイプです。インストール後に調整する必要はありませんが、最適な機能を実現するためには、正確な配置と完全な張力が必要です。

POPP クランプは、自動車用ホースを継ぎ手に固定します。これらのホースは、ラジエーター、ヒーターコア、ブレーキ、およびその他のシステムとの間で流体またはガスを運びます。流体は、熱い、腐食性、または有毒である可能性があります。締め付けが緩く、固定部からホースが外れるという不具合が、車両の故障や保証請求の一般的な原因となっています。

POPP クランプは、様々な色のホースに対して、位置や向きを変えて取り付けることができ、あらゆる角度から確認できます。幅広いメーカーがクランプとホースを提供しています。継ぎ手に対してクランプの位置が高すぎる/低すぎると、締め付けが不適切、あるいはタブが破損する可能性があるため、次の製造工程に移る前に発見する必要があります。従来のマシンビジョンによる欠陥検出では、さまざまなクランプの位置、向き、色を区別するのが困難でした。

コグネックスのディープラーニングは、スプリングバンドクランプの取り付けのOK画像とNG画像の両方を登録します。分類ツールは、車両が次の組み立てに移る前にクランプが正常に機能しているかどうかを素早く判断し、修正が必要な潜在的な問題にはフラグを立てて知らせます。

プロセスの改善が必要な場合は、分類ツールのより詳細なアプリケーションで、取り付けエラーを区別できます。たとえば、POPP クランプの位置がホースの下方向に少しずれていることを識別し、潜在的な問題にであるとして、欠陥が発生するまえに取り付けデバイスを調整できます。

コグネックスのディープラーニングは、セットアップが簡単で、クランプの設計変更、適切な配置の変更、または継手の位置を移動する場合でも、簡単に再トレーニングできます。

 

POPP クランプ - その他の例

 

注目のコグネックス製品

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...