自動車

トランスミッションの制御モジュール検査

10種類の異なる特徴を検査して顧客満足度を高める画像処理システム

関連製品

2D Machine Vision Systems Insight 7000 and hand holding In-Sight 9000

In-Sight ® 画像処理システムは

検査、識別、位置決めする能力に非常に優れています。

Cognex Designer ビジョンソフトウェア

VisionPro ソフトウェアを使用する統合開発環境で、ビジョンアプリケーションを開発、導入、保守します。

多機能で複雑な部品でできた電気油圧式オートマチックトランスミッション制御モジュールの購入者を満足させるには、期待以上の品質が必要です。様々な機能を手作業で検査することは、時間のかかる作業であるにも関わらず、すべての欠陥が特定できるとは限りません。欠陥品をお客様に届けてしまうと、保証請求になるばかりか、メーカーの評判も傷付けてしまうことになります。

制御モジュールの検査

これらの課題は、Cognex®の画像処理システムIn-Sight®を使用して、トランスミッション制御モジュールの検査を実施することにより解決できます。一般的なアプリケーションでは、画像処理システムはロボットに取り付けられ、移動しながら10箇所で検査を実施します。PLCとロボットがコグネックスの画像処理システムと通信することによりこの作業が完了します。PLCがコマンドを送り、ロボットアームを最初の検査位置に移動させます。ロボットが適切な位置に配置されると、PLC が画像処理システムに信号を送り、画像を撮影します。その後、画像処理システムが画像を返信して検査が完了したことを知らせます。次に、PLCがコマンドを送り、ロボットアームを次の検査位置に移動させます。

さらに、トレーサビリティで適切な製品が検査されているかを確認します。そのために、部品には二次元コードが付与され、CognexのバーコードリーダDataManがそのコードを読み取ります。画像処理システムIn-Sightは、ボルトの有無を確認し、接続ピンの測定および接着テープの存在を確認します。製品の検査が完了すると、画像処理システムは検出結果と欠陥写真を生産管理ソフトウェアシステムに送信します。会社の基準を満たさない製品は、自動的にラインから取り除かれます。画像処理システムIn-Sightを使用した検査により、オートマチックトランスミッション制御モジュールの品質が確保され、返却をなくし、顧客満足度を高めます。

コグネックスのアプリケーションソリューションに関する問い合わせ先:

注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ